TSS3r 2016年度1-3月期お申込み受付

TSS7-9月期

【TSS3r】1-3月期 お申込みページへお申込み期限:12/30 15時まで

2016年本気で日経225で勝負したい方へ

今年も残すところあと半月となり、来年2016年のTSS1-3月期のお申込みのお知らせがやっとできるようになりました。
なぜこんなに遅くなったかと申しますと、10-12月期に深いポジ追いが発生してしまいその決済を迎えるまでは来期のことは考えないという意気込みで現オーナー様のフォローに全力を注いでいたためです。

そして12/14に無事決済まで辿りつき、売りポジションが完済したところでお申込みの段取りを組んだものでもうバタバタです。

では、改めまして・・・ 2016年 TSS3r1-3月期のお申込みを受け付けます!
【TSS3r】1-3月期 お申込みページへお申込み期限:12/30 15時まで

TSS3rとは?

始めてご覧になられた方はTSSとは何?というところからだと思いますが、TSS(タートルシステムソフト)とは当方の独自テクニカル「タートルバンド」を使った高勝率のシステムトレード【タートルバンドヘキサグラムトレード】を誰でも同じように取引できるよう導いてくれる投資ツールのことです。
同じ結果

カンタンに言えば、TSSで表示される仕掛け(決済値やポジ追い値)に従って取引すればだれでも同じように再現性100%も可能な投資ができるようになるわけです。

まずはTSS実績をご覧ください

TSSは2013年1月より開始しました。今年で丸3年になりますが、TSSは10年以上の過去検証を行いフォワードテストも3年クリアしているということになります。

2013年 年間+49,465円
1-3月期:+12335円
4-6月期:+14095円
7-9月期:+11040円
10-12月期:+11995円
2014年 年間+57,315円
1-3月期:+12750円
4-6月期:+9175円
7-9月期:+9470円
10-12月期:+25920円
2015年 年間+53,395円
1-3月期:+13480円
4-6月期:+780円
7-9月期:+27275円
10-12月期:+11860円

上記の成績は日経225miniでの取引結果です
資金管理パターンにもよりますが、Dパターンではほぼ年間500万円前後で安定した収益を上げることに成功しています。一つの目安として1期あたり+100万円の収益を狙って安定的に稼ぐことを目的としています。

TSS3rの特徴

明確な数値による仕掛け

33
TSSで導き出される仕掛け数値は画像のように明確です。これによりだれでも同じようにトレードができ 同じように結果を出すことができます。 10年以上投資に関わっている方でも1年未満の方でもシステム通りにトレードを行えば同じ結果を出せるということです。ご自身の裁量は一切必要ありません

破綻しないための資金管理

資金管理シート

TSSを行う上で最も重要なことです。それは資金管理です。これは徹底してください
背伸びをしても最終的に勝ち続けることは不可能です。ご自身に合った資金管理でトレードすることが一番資産を増やす近道だということを忘れないでください。

TSSでは、過去検証の中でももっとも過酷な状況に1.2倍の資金量を推奨資金とした資金管理パターンをいくつかご用意しております。
資金管理パターンによって収益結果も変わりますが、まずはご自身の資金量でTSSを行った場合の結果として納得いくものかどうか、これを判断してください。

チェック▸▸ 下記のページでは過去15年の月間成績をもとに資金管理パターンの違いでどれだけの収益パフォーマンスが挙げられるかを公開しています。
→→資金管理パターン

ヘッジとしてrabbit搭載

rabbithead

現在のTSSはバージョン3になっており、3には”r”という文字がついております。この”r”は rabbit を指し、rabbitはTSSと併行して取引するもう一つのトレードです。
rabbitは短期のトレンドに乗ってのトレードとなり、TSSの収益を倍増させる役割とTSSの含み損の軽減に役立つヘッジ役割の2つの役割をもったトレードです

資金管理パターン比較

例えば上記の資金管理パターンで見てみると、AパターンとIパターンはそれぞれ同じ資金比率での結果となりますが、TSSとrabbit両方の運用がAパターン、一方Iパターンの方はTSSのみの運用という違いがあります。
TSSのみはとにかく勝率が高いのが特徴ですが、rabbitと掛け合わすことで含み損や必要資金の軽減を実現しながら最終的な収益パフォーマンスはUPするという非常に相性の良い手法となっております。

TSSの仕掛けが売りの際、rabbitは買いシグナルが出れば含み損と含み益の相殺で安心してTSSのポジ追いができることになります。そしてTSSのポジショニングから絶好のタイミングでrabbitのプラス決済をし、TSSの保有ポジション一部のマイナス決済とで相殺しながらポジションを減らし含み損や不安を和らげるということが実現可能となっております。

充実のフォロー体制

オペレーター

TSSはおそらくいままで経験したことのない、流れるような取引で取引開始時には戸惑いや本当に合っているのか?という不安が出てきます。そういった不安を解消すべくご質問のメールには即座に応えるように心がけています。
席を外している時以外はチャットなみの早さで即答させていただきます。ただ質問の内容によってはお時間いただくこともありますが、「この仕掛けで合っていますか?このポジションでいいんですか?」等の急を要する質問に関しては最善の努力で素早くお応えしますのでご安心ください。

また投資ツール自体の取り扱い説明も初回に限り電話での応対も受け付けております。

さらに模範トレードとなるTSSメールを毎朝配信。その日の値動き予想やポジ追い時には精神的支えとなるフォローを心掛けております。
その点に関しては私の口からよりも現役のオーナー様の生の声をお読みいただくと何百倍も参考になると思います。
チェック▸▸TSSオーナー様のお声

もっとTSSを知りたい!そんな方はこちらのサイトをご覧ください⇒TSS使い方ガイド

TSS1-3月期をお申込みの前に・・・

知ってほしいこと

TSSお申込みは無料のタートルズメンバーであることが必要となります。というのは、タートルズメンバーにご登録いただくとタートルヘキサのほとんどのルールを読んでいただけます。
タートルヘキサとはどのようなトレードなのか、その性質や性格?自分の投資スタンスと合っているか?などを十分理解した上でお申込みいただきたい と考えているからです。
無料メンバー登録がまだの方はこちらから

こちらも併せてお読みください。⇒TSSをご検討の前に知っていただきたいこと

お申し込み締め切りは12/30 15時まで(入金確認)となっております。

2016年を日経225先物取引で本気で勝ちたいと思っている方はぜひTSSという武器を手に入れて勝ちまくる1年にしてください。

【TSS3r】1-3月期 お申込みページへお申込み期限:12/30 15時まで