TSSを使って資産運用する際の注意事項

投資スタンスについて

タートルヘキサ投資法は基本的に「損切り」はありません。
保有ポジションから逆行した場合には買い増し、つまり「ポジ追い」をしていきます。

投資スタンスとして損切りを重要視されている方はおススメできません。
損切りがない分、勝率は90%を割りません。

banner31

資金比率について

タートルヘキサ投資法では逆行に対してポジションを追加していく対応を取っています。
つまり、ポジ追いをしていきます。その際に1ポジと2ポジの資金比率を変更して仕掛けます。

1ポジが1枚であれば2ポジは2枚仕掛けます。

資金比率に関しては ルールブックをご覧ください ⇒ 勝ち続ける秘訣【資金比率】

尚、トレードはすべて日経225ミニで行ないます

ポジ追いし決済する際には、保有するポジションすべてを一括で決済します。
決済と同時に新規1ポジを取ります。

banner32

売買シグナルについて

2つの仕掛けがあります。一つは仕掛けP(パターンフォロー)もう一つは仕掛けT(トレンドフォロー)です。
それぞれ別のテクニカルチャートを使って方向性を導き、それにより売買シグナルを判断します。

sikake1
sikake2

それぞれが違うシグナルがでれば両建てとなりますし、同じシグナルであれば倍建てとし積極的に仕掛けます。

推奨資金について

上記1つの仕掛けあたり300万円以上を推奨します。
これは8~9ポジを考慮に入れての金額となります。もちろん、大相場でこれ以上になる場合ももちろんございます。
倍建て時には2倍の600万円以上の推奨金、両建て時ですとそれぞれ相殺しますので300万円で可能になります。

「倍建ては怖いので片建てにしておく」というのはアリです。

少額資金(100万円~)で御望みの場合はCFD日本225でのお取引をお奨めします。

少額運用について

少額(100万円~)の運用についてはCFD日本225での取引で可能です。CFD日本225は日経225ミニの1/10の取引ができます。
CFD日本225の資金管理は1ポジの枚数を50万円あたり1枚を推奨していますので100万の場合、2枚スタートとなります。

詳しくはこちらのページをご覧ください⇒ 100万円の資金での仕掛け枚数

CFDによる仕掛け動画 ⇒ TSS×CFD TSSメールの内容(動画)

注意事項

まずはタートルヘキサ投資法の投資性格を知っていただくことから始まります。
そのために日々のトレード解説もすべて無料で行なっています。TSSではルールなどをすべて詰め込んでおり、すべて知っている必要は全くありません。
しかし、ルールを知った上で運用するのは重要である非常に意味のあることです。

そして、投資する上での常識ですが、必ずリスクはあります。まずはご理解ください。
リスクを極力減らす仕組みにはなっていますが、「それを実行できない」というリスクもあります。
最終的にはご自身との戦いになります。

もう1つは利益は約束されてものではないということです。当たり前ですね。
しかし、ルールさえ守っていただければ勝つ可能性を極限まで高めることはできます。

上記のことをよくご理解いただきTSSを使って楽しい投資ライフを送っていただきたいと思っています。