TSSの資金管理パターンと必要資金

多彩な資金管理パターンでご自身に合った資金管理を

TSSの目安推奨資金の計算は過去の最大の含み損額+9ポジ保有時の証拠金(80,000円で設定)の合計金額に1.2倍をした金額を目安資金としています。
もちろん未曽有の事態に陥り、過去15年で最大のポジ追いが明日発生しないとは限りません。より安全な運用をしていただくには、目一杯の資金運用ではなく最悪投資資金を全部失ってもなんとかやっていけるというリスクマネジメントで行ってください。これはどの投資法でも同じことが言えます。

TSSの4つの資金比率パターン

TSSでお選びいただける資金比率パターンは下記の4つのパターンになります。

・1-1-1-1-2-2-2-2-2 合計14枚
・1-1-1-2-2-2-3-3-3 合計18枚
・1-1-2-2-3-3-3-4-4 合計23枚
・1-2-2-3-3-4-4-5-5 合計29枚

左から順に1ポジ-2ポジ-3ポジ・・・と続いていきます。
これは比率なので例えば、1ポジ資金比率1を2枚で仕掛けた場合、資金比率2は2倍ということなので4枚を仕掛けることになります。

rabbitと倍建て

上記の4つの資金比率パターンにrabbitアリとrabbitナシに分け、さらに倍建てアリと片建てのみに細分化しています。

rabbitとは・・・ヘッジで運用する短期トレンド重視のTSSともう一つのトレードです
TSSの仕掛けと逆の仕掛けの場合はヘッジになり同じ方向の仕掛けだと収益を加速させます
rabbitを併用する場合は、TSS5ポジ到達で1-3ポジの損切りをするので
6ポジ以降の含み損が軽減され同時に最大保有枚数も少なくなります
損切りをしたくない人はrabbitナシを選ぶことになります
倍建てとは・・・TSSでは2つの仕掛け判断(シグナル)があり、
長期の値動きパターンで方向性を読む仕掛けP(パターンフォロー)
中期のトレンドで相場の方向性を読む仕掛けT(トレンドフォロー)の2つになります
この2つの仕掛けが合致した時【倍建て】となり、
2つの仕掛けが別々のシグナルを示したときは【両建て】となり
一方が見送りの場合、【片建て】となります

倍建ては、相場の方向性が強い場合なので積極的に攻めることができ通常1ポジ1枚スタートのところを2枚スタートにすることができます。
両建ては、片建てを売りと買い双方のトレードで行うイメージです。よって倍建ての両建てはありません。
片建ては、一方のみに1ポジ1枚スタートで仕掛けていくベーシックなトレードです。倍建てナシの場合は、倍建てシグナルが出ても片建てで行います。

TSS×rabbitの場合

■TSS×rabbit ラビットを併用した場合の目安資金

特徴:ボックスに強いTSSとトレンドに強いrabbitとのハイブリッドトレード
強い逆行が生じた際にTSSの一部のポジションを損切りしつつrabbitのプラス決済と
相殺することで損小でポジションを軽くします
rabbitアリで倍建てアリのDパターンが最もおススメパターン
メリット:最大保有枚数と最大含み損の軽減
収益の上乗せ
デメリット:勝率の低下
月単位でマイナスが出現する

パターン倍建て片建て225mini目安資金最大保有枚数最大含み損平均月収益(15年)最近月収益(最近2年)月間勝率
Aパターン
111122222
倍建てアリ458~508万円25枚-181万円約27.5万円約25.8万円82.1%
Bパターン
111222333
倍建てアリ601~651万円33枚-223万円約31.1万円約31万円83.6%
Cパターン
112223333
倍建てアリ767~817万円42枚-287万円約37.4万円約38.7万円87.6%
Dパターン
122334455
倍建てアリ938~988万円53枚-330万円約45.1万円約47.5万円88.6%
Eパターン
111122222
片建てのみ205~255万円11枚-97万円約18.6万円約14.1万円77.6%
Fパターン
111222333
片建てのみ287~337万円15枚-129万円約21.8万円約17.6万円78.6%
Gパターン
112233344
片建てのみ379~429万円19枚-170万円約26万円約22.8万円82.1%
Hパターン
122334455
片建てのみ474~524万円24枚-205万円約30万円約27.4万円84.6%
TSSのみの場合
■TSSのみ ラビットを併用しない場合の目安資金

特徴:rabbitはエントリーせずTSSのみのトレード。
ポジション軽減の損切りをしない分、圧倒的な勝率を実現。
ただし、強い逆行時には非常に多くの資金を必要とし、その分含み損も大きく忍耐力が必要
メリット:圧倒的勝率
月単位でもマイナスは一度だけ
デメリット:最大保有枚数と最大含み損を耐えるだけの資金力
短期トレンドに弱い

パターン倍建て片建て225mini目安資金最大保有枚数最大含み損平均月収益(15年)最近月収益(最近2年)月間勝率
Iパターン
111122222
倍建てアリ576~626万円28枚-253万円約24.2万円約31.0万円91.5%
Jパターン
111222333
倍建てアリ707~757万円36枚-290万円約28.5万円約36.3万円93.5%
Kパターン
112223333
倍建てアリ906~956万円46枚-366万円約36.4万円約45.3万円94.0%
Lパターン
122334455
倍建てアリ1153~1203万円58枚-464万円約44.8万円約56.5万円94.5%
Mパターン
111122222
片建てのみ314~364万円14枚-161万円約16.3万円約19.6万円91.0%
Nパターン
111222333
片建てのみ396~446万円18枚-193万円約19.4万円約22.9万円93.5%
Oパターン
112233344
片建てのみ521~571万円23枚-253万円約25.1万円約29.4万円94.0%
Pパターン
122334455
片建てのみ654~704万円29枚-310万円約30.7万円約36.5万円94.5%

CFDによる少額資金取引

国内CFDの場合
■CFD 特徴:クリック証券やDMM証券などでできるCFD日本225はminiのさらに1/10の取引ができます
少額でできるもののTSSの料金を考えればそれほど魅力的でない
メリット:少ない資金でも取引できる
デメリット:大きくは稼げない
TSS代金分よりもマイナスになる可能性がある。
パターン手法CFD目安資金最大保有枚数最大含み損平均月収益(15年)最近月収益(最近2年)月間勝率
Eパターン
111122222
TSS×rabbit33~38万円11枚-9.7万円約1.9万円約1.4万円77.6%
Fパターン
111222333
TSS×rabbit46~51万円15枚-12.9万円約2.2万円約1.7万円78.6%
Gパターン
112223333
TSS×rabbit60~65万円19枚-17万円約2.6万円約2.3万円82.1%
Hパターン
122334455
TSS×rabbit76~81万円24枚-20.4万円約3万円約2.7万円84.6%
Mパターン
111122222
TSSのみ48~53万円14枚-16.1万円約1.6万円約1.9万円91.0%
Nパターン
111222333
TSSのみ61~66万円18枚-19.3万円約1.9万円約2.2万円93.5%
Oパターン
112233344
TSSのみ79~84万円23枚-25.3万円約2.5万円約2.9万円94.0%
Pパターン
122334455
TSSのみ100~105万円29枚-31万円約3.0万円約3.6万円94.5%
CFDでは、最低資金35万円から始められるEパターンがありますが、これですと平均月間収益が2万円未満なので単純に3か月で×3をしてもTSS代金割れが生じる可能性があります。
その場合、1ポジを3枚スタートとするEパターン40万×3の120万円運用で平均収益も5~6万となりプラスにしやすくなります。

ただ、HパターンよりもEパターンのほうが月単位のマイナスの可能性も高くなりますのでその辺りも加味してどのパターンで行くかは決定してください。

どれも年間ベースでみれば安定してプラス収益(15年間負けナシ)なので部分部分で見ず、総合的に見ることが大切です。

海外CFDの場合
■海外CFD

圧倒的な証拠金の低さを選ぶなら海外ブローカーのCFD。
海外ブローカーを選ぶならXMがベストチョイスです。日本語対応で安心ですし様々なボーナスがあるので少額でもmini水準のリターンを得ることも可能です。



■XMでの日経225の証拠金例■
XMで日経225でトレードする場合の証拠金は10円動いた損益が1000円、つまりminiの損益水準にするとわずか9000円です。
通常日経225miniの証拠金は8~9万円なので実に1/10の証拠金で取引することができます。
miniの1/10の国内CFDにしても900円なので恐ろしく証拠金を抑えることができます。
詳しくはこちらのページをお読みください

■日経225miniとXMのCFDで比較■
上記のパターンでAパターンを例にとってみます。
Aパターンの目安資金は458~508万円です。
この目安資金には証拠金最大25枚分×9万円の225万円と最大含み損181万円の合計金額に1.2倍したものになります。
XMの証拠金は9000円なので×25枚しても22万5千円で済みます。これに最大含み損181万円を合わせて200万円ちょっと。1.2倍しても240~250万円で収まります

例えば300万円の資金の方でAパターンを断念しても海外ブローカーのXMであればできてしまうということになります。
XMについて詳しくはこちらのページで解説しています

国内証券の日経225miniとXM(CFDJP225)の目安資金の違い

パターン倍建て片建て225mini目安資金XM CFD目安資金
Aパターン
111122222
rabbitアリ
倍建てアリ
458~508万円215~265万円
Bパターン
111222333
rabbitアリ
倍建てアリ
601~651万円280~330万円
Cパターン
112223333
rabbitアリ
倍建てアリ
767~817万円359~409万円
Dパターン
122334455
rabbitアリ
倍建てアリ
938~988万円423~473万円
Eパターン
111122222
rabbitアリ
片建てのみ
205~255万円99~148万円
Fパターン
111222333
rabbitアリ
片建てのみ
287~337万円141~191万円
Gパターン
112233344
rabbitアリ
片建てのみ
379~429万円194~244万円
Hパターン
122334455
rabbitアリ
片建てのみ
474~524万円241~291万円
Iパターン
111122222
TSSのみ
倍建てアリ
576~626万円304~354万円
Jパターン
111222333
TSSのみ
倍建てアリ
707~757万円357~407万円
Kパターン
112223333
TSSのみ
倍建てアリ
906~956万円459~509万円
Lパターン
122334455
TSSのみ
倍建てアリ
1153~1203万円589~639万円
Mパターン
111122222
TSSのみ
片建てのみ
314~364万円178~228万円
Nパターン
111222333
TSSのみ
片建てのみ
396~446万円221~271万円
Oパターン
112233344
TSSのみ
片建てのみ
521~571万円298~348万円
Pパターン
122334455
TSSのみ
片建てのみ
654~704万円372~422万円
XM(CFDJP225)のmini1枚分の証拠金は9000円で計算
XMでトレードするにはまず口座開設が必要です。下記バナーからどうぞ



今なら口座開設ボーナスで3000円分支給されます

TSS-4では資金管理パターンを自由に選べます

55

TSS3rでは、新たに追加された「資金管理シート」にて資金比率パターンによる過去15年の月間収益をすべて記載しております。
そして、選んでいただいた資金管理パターンを上図のように選択していただくだけで簡単に切り替えられ、ご自身の資金に応じた資金比率を表示してくれます。

また日々の発注の欄も反映されますので間違いなく発注していただけます。