TSSここまでの昨年対比の成績

TSS(タートルシステムソフト)

2013年からスタートしたTSSですが、おかげ様で1年半が経ちました。
皆様からご好評いただき、これまでたくさんの喜びと感動の声をいただき、ともに喜びのシェアをしてこれました。

今回は1年半を経過して少し過去の成績を振り返ると共に現状のパフォーマンスがどういうものかを皆様に知っていただこうと思います。

 

2013年の成績

TSSサービス開始の初年度からそのパフォーマンスは驚くべき結果を出しました。
年間を通じてたった1度のみのマイナス決済。月単位ではもちろんすべてプラス収益。年間では+4900円オーバーという結果でした

syuuekihyou2013

仕掛けT、仕掛けP共に右肩上がりで順調に推移しました。

2014年5月までの成績

それでは今年2014年の成績はどうなのか?を見ていきましょう。
まずマイナス決済は4月に出現した-750円1度だけです。あとはすべてプラス決済です。勝率も計算しなくても90%以上だということくらいは分かります。

それでは月単位でのパフォーマンスをグラフで見ていきましょう。

sakutai-1

2013年は1月から非常に良いスタートを切っています。
今年は1月はダメだったものの、その後挽回しています。TSSは3ヵ月区切りなので1-3月期はほぼ2013年の同等のパフォーマンスだったことがお分かり頂けます。

そして次の期の4-6月期は今年は少し失速しています。5月までの成績ベースですが、-4500円と昨年よりもパフォーマンスが落ちています。

この要因としては2月~の調整期入りが影響しています。調整期による仕掛けT、つまりトレンドで売買シグナルがされる仕掛けは非常に判断が難しく、特に5月の調整期4Mは別名転換期となるほどなので仕掛けTはお休みになってしまいます。

つまり、5月は2つの仕掛けの内、1つの取引収益しか計上できなかったことになります。
仮にこれが同額仕掛けTにも上乗せされれば4-6月期もそれほど差はなかったことが言えます。

sakutai-3sakutai-2

ここまで細かい数字を見ればやや前期は昨年の方に軍配が上がるかなといったところです。
しかし、驚異的な勝率、安定的な月間収益は相変わらずなので後期に追い上げを見せれば良い勝負ができそうです。

さらに7月からはおそらくトレンドも決定し、仕掛けT仕掛けPともに仕掛けることになり収益パフォーマンスも本来の力を取り戻せそうです。

TSS開始からの累計収益

現在のTSSオーナー様の中にはTSS開始初期からずっと継続お付き合いをしていただいているオーナー様が数名おられます。
また、一度やめられた方が再び始められた方もおられます。

もちろん、新規で初めて参加される方も含め勇気を持ってTSSをご購入いただけた方には本当に感謝しております。

『この人たちに何とか資産を増やしていただこう!』

これが私のモチベーションであり、使命です。

TSS開始から今年の5月までの合計収益はざっくり+6900円。
日経225ミニ最小取引で約690万円以上の収益になります。

もし、あなたがTSSで頑張ると決めた日から1年半であなたの資産が690万円増える可能性があるということです。

想像してください。勝率100%に近い手法で年間400万円手にできれば少しは人生に彩りが加わりませんか?

あなたの人生に彩りを、あなたの決断で。