8/22 仕掛け公開します。(日経225先物ミニ)

sikakekoukai2

[日付]

8/22

[シグナル]

仕掛けP:【買い】
仕掛けT:【買い】

※日経225ミニで取引の場合:限月/12月限(表示値より70~80円誤差分差し引いて発注)

[タートルバンドライン値]

|-2 | -1.5 | -1 |  0 |  +1 |+1.5 | +2|
15,070 15,170 15,280 15,390 15,500 15,590 15,670

[ポジション]

買いポジション

ポジ数 資金比率 ライン
1ポジ 1 +2ライン 15610
■TSSを使った場合の図解解説■

8.22-1

8.22-2

もうだいぶ慣れてきましたか?日々の作業はまず4本値入力と始値予想値入力。
次に日付変更と寄付きに戻すことこれだけです。

[仕掛け]

≪買い目線≫
●1ポジ枚数 / 2枚

注文 方法 仕掛け値
返済 指値 15670円 1 ポジ 2 枚
ポジ追い 指値 15500円 2 ポジ 4 枚
新規1ポジ 逆指値 15670円 1 ポジ 2 枚

※確実に約定させる場合は返済を-5円で発注
※1ポジ時2枚スタートでの表示
※1ポジ1枚の時は表示の半分の枚数に

日経225ミニで12月限で取引を行なう場合は表示値から70円~80円の誤差を差し引いて発注します。

■TSSを使った場合の図解解説■

8.22-3

今回は始値予想値を15615円と寄り成り有効値の15630円よりも低く入力しているため、”寄り成り”とは表示されません。
この場合は通常通り、ラインでの指値待ちとなります。15610円の玉を15670円決済待ち、ポジ追いは15500円で2ポジ目となります。

仮に始値予想値を15630円と入力すれば”寄り成り”と表示されるというわけです。

【本日の寄り成り有効値】
寄付き(CFDの場合9時時点での価格)が15630円以上

現在、保有1ポジが15610円です。1ポジの決済ルールは寄り成りとライン決済と2種類あり、寄り成りの場合はラインに関係なく20円以上で寄り成り決済&新規1ポジ取りが可能です。

つまり、寄付きが15630円以上であれば寄り成り決済&1ポジ取りが有効です。

上記の仕掛けの決済値よりも寄り成りが優先されます

期間収益

+550円

・日経225先物ミニ取引
・1ポジ2枚スタートでの収益
・数値ベースでの表示