8/21-3 仕掛け公開します。(日経225先物ミニ)

sikakekoukai2
rikakusokuhou

+2ライン到達にて1ポジ15525の買い玉を利確しました。(9月限表示)

[日付]

8/21-3

[シグナル]

仕掛けP:【買い】
仕掛けT:【買い】

※日経225ミニで取引の場合:限月/12月限(表示値より70~80円誤差分差し引いて発注)

[タートルバンドライン値]

|-2 | -1.5 | -1 |  0 |  +1 |+1.5 | +2|
15,020 15,130 15,230 15,330 15,440 15,520 15,610

[ポジション]

買いポジション

ポジ数 資金比率 ライン
1ポジ 1 +2ライン 15610
■TSSを使った場合の図解解説■

8.21-8
決済=ポジションの変更となります。しっかり決済時には忘れず新規1ポジを取りましょう。

[仕掛け]

≪買い目線≫
●1ポジ枚数 / 2枚

注文 方法 仕掛け値
返済 逆指値 15440円 1 ポジ 2 枚(※損切り)
ポジ追い ナシ 2 ポジ 4 枚
新規1ポジ 指値 15440円 1 ポジ 2 枚(※損切り時の1ポジ取り)

※確実に約定させる場合は返済を-5円で発注
※1ポジ時2枚スタートでの表示
※1ポジ1枚の時は表示の半分の枚数に

日経225ミニで12月限で取引を行なう場合は表示値から70円~80円の誤差を差し引いて発注します。

【+2ライン⇒+1ライン下落による安全策の損切り策】

通常、+1ラインではポジ追いをしますが、1日の内に+2ラインタッチからの+1ラインまでの下落は急落の可能性がありますので安全策による損切りを実行します。
価格が15440円以下になれば現在の保有15610を損切り決済し、新たに1ポジを取ります。損切り時にも新規1ポジを取ることによって安全策が無駄になった時でもすぐに取り返せます。

順行(15610よりも上への動き)には利確決済ポイントは本日中はありませんので、明日以降に持ち越します。

※逆指値と指値がいつもの逆になっています。これを間違えますと、即座に損切りとなってしまうのでお間違えのないように。

■TSSを使った場合の図解解説■

8.21-9

TSSの今のバージョンでは残念ながら+1ラインの安全策による損切りの表示が出ません。
そのような場合はは必ずTSSメールでお伝えしますのでご安心ください。

15610円は+2ラインなのでこの日のこれ以上の利確ラインはありませんので返済のセルにエラーが出ていますが、問題ありません。
15610の玉の決済は次の日以降に持ち越します。

期間収益

+550円

・日経225先物ミニ取引
・1ポジ2枚スタートでの収益