4/4~28 売りの8ポジ追いトレード解説

こんにちは、タートルです。

皆さんGWどうお過ごしでしょうか?私はというと新システムに向けての検証と研究の繰り返しです。

早いものでもう2016年も4か月を消費しました。
年明けから激動の相場となっており、一方的に下げて始まったかと思えば急反発で一方的上昇と
非常にボラの大きい展開が続き、個人投資家にとっては試練の年となっています。

皆さんはこの相場で勝てていますか?

タートルヘキサでは基本的に上下の動きには強いですが、その値幅が大きいのでやはり苦戦しております。
昨年10月~12月にかけての未曽有の売り倍建ての8ポジを経験したところですが、早くもその再来となり再び不安との戦いに挑まなければいけなくなりました。

行き過ぎた相場の動きはいつでも修正がなされます。上げ続ける相場はない、下げ続ける相場はない、これが相場の原理原則です。
どこかで必ず相場には修正する動きが出てきます。ただ、それがどのタイミングなのかは残念ながら読み取ることが困難です。

唯一できることは、過去の統計に基づいて最も有効なポイントでポジションを積み上げていき、10手先まで仕掛けることで最終的な収益を高確率でプラスに持っていくということだけです。
それでは今回の8手まで仕掛けたトレードを振り返っていきたいと思います。

4/4~4/8 1ポジ決済×4発 +1220円

日経225miniトレード4.8

まずは前回の4/4の決済後のトレード報告が抜けていたのでざっとしておきます。
4/4のバンドブレイクによる寄付きは、小幅なレンジが続いた後の方向性ということで強い下圧力がかかりました。

翌4/5にわずかながら寄り成りで利確。翌4/6の寄付きでも寄り成り利確。さらに翌日の4/7は寄り成りは見送りだったものの、日中に-2ライン到達でライン決済。
翌4/8は寄り成りで利確と4日連続の利確祭りでした。

4/4~8 日経225ミニ トレード結果
1ポジ:16090❷
➡決済:16040❷ +100円
1ポジ:16040❷
➡決済:15715❷ +650円
1ポジ:15715❷
➡決済:15560❷ +310円
1ポジ:15560❷ 
➡決済:15480❷ +160円

4/13 5ポジ到達による安全策のマイナス決済

日経225miniトレード4.13

ただ4/8の大きな陽線形成を機に、相場は方向転換し上向きに転じます。
同日の4/8に-1ラインで2ポジを拾い、4/12には+1ラインで3ポジ目。

翌4/13には+1.5ライン、+2ラインで4.5ポジ目と、あれよあれよという間に5ポジまで到達しました。
4/8の1ポジ15480からわずか3営業日で1000円以上も上げての5ポジと、驚異的なスピードで相場が展開しています。

5ポジによる損切り(安全策)

2000年から実に16年間の統計上、ポジ追いのほとんどは5ポジで完結します。
しかし、同時に6ポジ、7ポジとポジ追いが進んでいくことも想定に入れなければいけません。

さらに資金比率の性質上、5ポジから上はどんどん含み損が大きくなるので、一旦ポジション整理するには絶好のポイントです。
安全策の内容は、5ポジ到達と同時に1~3ポジのそれぞれ半分のポジションを5ポジの仕掛け値で決済します。(倍建ての場合)
仮に片建ての場合は1~3ポジの全ポジを損切り対象とします。

一時的に大きな損失を計上しますが、その損失を少しでも軽減するためにもう一つのヘッジトレード「rabbit」が存在します。
rabbitのトレード結果については後ほど解説します。

この損切り策によって1~3ポジの計10枚を5枚に半減させます。

4/13 日経225ミニ トレード結果
1ポジ:15480❶
2ポジ:15670❷
3ポジ:16030❷
➡決済:16530❺ -3770円

ここで何人かのオーナー様よりご質問がありましたが、資金力に余裕がある場合は損切りしなくても良いか?
ということですが、損切りをしない場合は、資金管理パターンI~Pになります。
過去成績や推奨資金等でI~Pでも余裕という方は損切りしなくても結構です。
ただその場合rabbitを持つ必要はありません。rabbitも持ちたいという方はA~H同様に5ポジ仕掛け時での決済はしてください。

日経225miniトレード4.15

4/13の5ポジ到達後もさらに上げます。4/15には+2ラインで6ポジ目にあっさり到達。
メールではお伝えしたかと思いますが、この4/15の寄付きでミドルかい離の売りシグナルが発動。約1週間以内でのミドル回帰の動きがでると予想されました。
週明けの4/18の寄付きではミドルを割る寄付きで1日でミドル回帰の動きとなり、ピンポイントでこの動きを捉えることができました。

実際にトレードしていれば16720で売りを仕掛け、16250で決済と+470円の結果でした。新システムへの期待を高めます。

ミドルまでの戻りを見せましたが、その後はしっかり上昇の波に再度乗り強い動きを見せました。

日経225miniトレード4.22

4/18のミドルを割った寄付きが16250円から翌19日の+2ライン17140まで約900円という上昇。なんという強さ。
この不自然な上昇は、月末の日銀金融政策に向けたいわば”日銀プレー”による動き。
今回の日銀は動くという「期待」だけで市場を大きく動かした、薬漬けになった中毒者のような市場の行き過ぎた動きです。

4/22には日銀は銀行向けの貸し出しについてもマイナス金利を適用を検討、というリークのような情報が市場を賑わせ、未曽有の8ポジからわずか4か月後に再度8ポジまで到達してしまいました。

短期間で2135円上昇の異常相場 その行く末は・・・?

売りの倍建て8ポジということもあり、TSSオーナー様は非常に大きな不安との戦いだっと思います。
頂いた8ポジ体験記を読み返すとやはり日銀の発表前にすでに8ポジとなっており、追加緩和になったらどうしようという不安の声が多かったようです。

ただうちのオーナー様は本当に心の強い方ばかりで、挑戦者のような芯を持った覚悟でこの8ポジを経験されていた方がたくさんおられます。
初めから強かったのではなく、何度も何度もポジ追いから決済までを経験し、未曽有のポジ追いも経験し、自信と経験を少しずつ積み上げていき、強い精神力を身に付けたんだと思います。

TSSという常勝ツールを持っていてもそれを実行に移すのはご本人様です。つまり、自分自身との戦いになります。
コチラ側からできることは、オーナー様の積み上げてきた自信を少しでも大きくすることだけです。自信は人を動かす力があります。

その自信を大きくするためにも4/24の夜に緊急考察をメールにてお伝えしました。せっかくなのでその内容をここに掲載しておきます。

【緊急考察】3視点からの現在の価格位置 +ココをクリック+

それでは今回の8ポジ追いの結果はどうなったか?
行き過ぎた相場が見せる異常な結末なのか・・・。日銀の逆サプライズに市場は・・・

4/8~4/28 8ポジ追いの結末はこちらのクリック

考察の結果はどうなったか?

一応載せておきます。

月足タートルバンド
4.28a

3monthband
4.28b

4/4~15 rabbitトレード結果

r4.14

続いてもう一つのヘッジトレード「rabbit」のトレードも振り返ってみましょう。
今年に入ってから芳しくない結果となっているrabbitですが、後半の巻き返しに期待しましょう。

4/4のバンドブレイクでSシグナルが出たので売り3枚を仕掛けます。同時進行のTSSでは売りの倍建てなので同じ方向の仕掛けになりますのでヘッジにはなりません。
この場合は、強くトレンドが出れば収益を加速させる結果となりますが、決済方法がドテン決済(B転換するまで保有)の性質上、今回のように急激な方向展開の場合は大いにやられてしまいます。

B転換のシグナルが出たのは4/14の寄付きでした。ここで売り玉を損切りし、同時に買いポジションを持ちます。
この時、TSSの売りと逆の仕掛けを持つことになるので買い5枚を持ちます。

2016.4.4~4.14
4/4 Sシグナル 16090❸ → 4/14 ドテン決済 16660❸ -1710円

r4.15

TSSと逆の玉を持つことでTSSの5ポジの損切り時にrabbitの玉をプラス決済して、少しでも損小にもっていくことが目的になります。
ただここで問題があり、ドテンした価格がすでにTSSの5ポジ水準だったことです。この場合は、5ポジではTSSの安全策による損切りのみを行い、rabbitは6ポジ到達で決済します。

わずかですが、取り返すことができました。

2016.4.14~4.15
4/14 Bシグナル 16660❺ → 4/15 ヘッジ決済 16870 +1050円

今回の8ポジトレードのおさらい

4/13の5ポジ到達で1~3ポジの半分のポジションを損切り・・・-3,770円
4/15にはrabbitのヘッジ決済            ・・・+1,050円
4/28に8ポジ決済                 ・・・+15,450円

ということでトータルすると+12,730円となります。

8ポジ体験記

今回の急激な動き、行き過ぎたポジ追いにベテランのオーナー様も
また新規のオーナー様も耐えられているか本当に心配でした。

そんな私の心情が伝わってしまったのか、オーナー様からこういう時こそ
オーナーの声を届けてください!というメールを複数いただきました。

どんなにルールが有効でも、それを守り抜く精神が必要です。
その精神に味方してくれるのは体験記だと思いました。

あるオーナー様の

「苦しい時、辛い時はオーナー様の声を何度も読んで力をもらっています」

というお言葉が忘れられません。

ルールと気持ち、このどちらも欠けてしまってはいけません。
私自身、オーナー様の声にたくさん助けられました。
人の気持ちは本当に暖かくて力を与えてくれるんだなと痛感しました。

今後も想定外の動きや深いポジ追い、また9ポジ、10ポジという戦いが待っているかもしれません。
不安で不安で押しつぶされそうなとき、ぜひオーナー様の体験記を読んで勇気をもらってください。

私たちは同じ船の船乗員です。向かうべき場所は同じなのです。
目の前に荒波があろうとも心を一つにしてその波を乗り切るのです。嵐は必ず去ります。
時に我慢が必要な時もあります。その時に一人で苦しんでいるのではないということにぜひ気付いて下さい。

8ポジ体験記~未来の自分へ励ますメッセージ~を残される方は➡https://ws.formzu.net/fgen/S25632385/
オーナー様の声を読む方は➡8ポジ体験記

月間累計収益

4月度月間収益
TSS収益 +14,250円
rabbit収益 +1,640円
合計収益 +15,890円
 3月の安全策によるマイナス計上は4月度の成績に入れています
・数値ベースの収益
・約定値の誤差や手数料を含むと若干手取りは少なくなります