3/2~16 日経225トレード結果 +2940円

こんにちは、タートルです。

3月に入っても日経225先物はぐんぐん値を伸ばしています。ついに19000円台に乗せました。
しかし、下げ続ける相場がないように上げ続ける相場も存在しません。現在の上昇は2013年1月から始まり丸2年以上も上昇を続けています。

この上昇がいつまで続くのか、逆に言えばどこで崩れるのか。
今回のTSS4-6月期のお申込み特典として全22ページのPDF(図解)で差し上げています。

考察は過去の値動きを例に出し、なぜそのような考察になるのかを統計的に読み解くものです。
ぜひ、TSSをお申込みいただき早めに特別特典をゲットしてくださいね!

➔ TSS4-6月期 お申込み開始!
➔ TSS4-6月期お申込み特典(PDF)

3/2 日経225トレード解説

日経225トレード解説3/2

3/2 1ポジ決済 +80円

2/26に+2ラインに到達したことで「上昇パターン」に入ったと判断できます。上昇パターンでは”どのラインで反発するか”、で”どのラインを目標とするか”を読み取ることができます。
まずはどのラインで反発するかを見ます。第一段階としては+1.5ライン及び+1ラインで反発するパターンを考えます。
+1.5ラインでも+1ラインでも目標とするラインは同じで+2ラインを目指す動きとなります。

ただ決済ラインを+2ラインに設定するということではなく、目先の方向を読み解きながら決済は決済のタイミングで行なっていきます。
1ポジの決済ルールは20円以上の寄付き及びラインで決済できます。

到達点を+2ラインとして見据えながら、その間で利食いを行なっていくイメージです。

チャート図では+2ラインに到達後はやや下げていますが、+1ラインやや手前で反発しています。この時点での方向性は+2ラインを目指していると判断します。

3/2 日経225ミニ トレード結果
1ポジ:18910②
➡決済:18950② 利確:+80円

3/6 日経225トレード解説

日経225トレード解説3/3

3/3 2ポジ追い 18830/+1ライン

3/2の時点で+1ラインの反発パターンで目標点を+2ラインを見据えながら、+1.5ラインで決済しました。しかし図のように再び下落に転じる可能性もあります。
このようなことがあるので値動きパターンと決済パターンが異なるわけです。

3/3にはしっかりと+1ラインに到達したので2ポジ目を拾います。
さらに3/3の下落ではミドルラインまで到達しているのがお分かりいただけると思います。ここで3/2の時点の+2ライン到達目標の上昇パターンをミドル反発からの+1.5ライン到達目標の上昇パターンに修正を行ないます。

日経225トレード解説3/6

3/6 2ポジ決済 +1320円

3/3にミドルラインまで下げた後、3/4の下落では-1ラインへ向かって値は進みましたが、この日の-1ライン手前でストップしました。
この下げを-1ラインまで下げたと捉えるか、-1ラインまでは下げなかったと捉えるのかは微妙でしたが結局のところ決済ルールには影響ないので大まかに捉えることにします。

翌3/5には+1ラインまでの上昇があり、仮に-1ラインに到達したということであればここで一服する可能性もありましたが、3/6に+1.5ラインまで上げたことで-1ラインには到達しなかったという結果になりました。

つまりミドル反発による+1.5ライン到達という上昇パターンとなりました。
そしてこの+1.5ラインは2ポジの決済ラインとなります。ジャスト値でギリ決済できました。CFDでは高値19080円で決済できませんでしたが。

3/6 日経225ミニ トレード結果
1ポジ:18950②
2ポジ:18830④
➡決済:19090⑥ 利確:+1320円

3/12 日経225トレード解説

日経225トレード解説3/9

3/9 2ポジ追い 18870/+1ライン

3/6の+1.5ラインまでの上昇でミドル反発からの+1.5ライン到達という上昇パターンが完了しました。この先の動きは地合の強さによって変わります。
3/9の寄付きでは2ポジ追い目標の+1ラインを割ってのスタートとなりましたので寄り成りで2ポジ追いをします。

19000円達成感からか少し売りの圧力に押されています。

日経225トレード解説3/10

3/10 3ポジ追い 18590/-1ライン

翌3/10は大きく下落。+1ラインやや下で寄り付き、+1ラインに抑えられる格好で下落。ミドルでも下げ止まることができず-1ラインまで下げ幅を拡大しました。
この-1ラインで3ポジ目を拾います。この-1ラインまでの下落は前回の2/3ぶりとなり実に1か月以上到達していませんでした。

それだけ強い相場であったことが読み取れます。

日経225トレード解説3/12

3/12 3ポジ決済 +880円

+1.5ライン、+1ライン、-1ラインとポジ追いをし3ポジ目となりました。
3ポジ時の決済ルールは水準ラインが2ポジとなり、18870円以上の+1ライン以上となります。

3/12の+1ラインは18900円となり、条件を満たしています。さらに安全策として利幅を-10円し18890円で決済注文を出し、無事利確できました。

3/12 日経225ミニ トレード結果
1ポジ:19090②
2ポジ:18870④
3ポジ:18590④
➡決済:18890⑩ 利確:+880円

日経225トレード解説3/12b

3/12 1ポジ決済 +460円

+1ラインで3ポジを利確後は再び1ポジとなり次の決済チャンスを逃しません。
尚も上昇を続ける日経225先物は+1ラインも突破し、+1.5ラインまで到達。ここでも1ポジ利確です。

3/12 日経225ミニ トレード結果
1ポジ:18890②
➡決済:19120② 利確:+460円

3/13 日経225トレード結果 +80円

日経225トレード解説3/13

3/13 1ポジ決済 +80円

翌3/13にも+1.5ラインを狙う動きを見せました。この+1.5ラインでも利確しています。
夜間でNYダウが下落に転じているにも関わらず地合の強さを見せている日経225。寄り付けばすかさず上昇という強い動きを連日見せています。

3/13 日経225ミニ トレード結果
1ポジ:19120②
➡決済:19160② 利確:+80円

3/16 日経225トレード結果 +120円

日経225トレード解説3/16

3/16 1ポジ決済 +120円

3/16にも13日と同じような動きで寄り付からすぐに上昇し+1.5ラインを狙う展開。小幅ながら連日の利食いです。

3/16 日経225ミニ トレード結果
1ポジ:19160②
➡決済:19220② 利確:+120円

3月度月間収益

TSS収益 +2,940円
rabbit収益 0円

合計収益 +2,940円(日経225ミニ取引)

・数値ベースの収益
・約定値の誤差や手数料を含むと若干手取りは少なくなります