2/4~6 日経225トレード結果+960円

こんにちは、タートルです。

寒い日が続きますね。2/3の節分も終わりそろそろ寒さのピークは過ぎたんでしょうか。
はやく暖かくなってほしいですね。

1か月使ってみようあ、そうそう。
現在、TSSの1か月の利用権の販売を数量限定で受け付けています。
早くもお申込みいただいた方、本当にありがとうございます。

今回は早いもの勝ちなのでご興味のある方、ご検討中の方、早めにお申込みくださいね^^
詳しくは詳細ページをご覧ください➡緊急企画!TSS1か月使ってみよう!

では、本日もトレード解説いってみましょう。
2/4~6の日経225miniのトレード結果となります。

2/4 日経225トレード解説

日経225先物チャート 日足2/4

まず1ポジは1/28に利食いした+2ラインの17870円の買い玉です。
(※図では+1.5ラインとなっていますが+2ラインの間違いです)
同日の1/28の動きでは+2ライン17870にタッチしたあと+1.5ラインである17720までの下落が見られました。
そこで2ポジを拾っています。日足の図では少し分かりづらいのでご了承ください。

①ミドルラインではポジ追いはしません

1/30にはミドルラインまでの下落が見られますが、タートルヘキサではミドルラインでのポジ追いは原則しませんのでご注意ください。

②-1.5ラインには届かず

2/3には大きな下落がありました。まずは-1ラインで3ポジを取ります。17460で-1ラインです。
-1ライン到達後も急落の勢いは止まらず、-1.5ラインの17260まで一直線に向かいます。
しかし、この日の安値17265円でストップしその後は反発しました。

仮にここで-1.5ラインに到達していたとしてもポジ追いはしません。なぜかというと、このラインの位置関係は寄付きからライン3本目にあたるからです。
1日に抵抗ラインである各ラインを3本も抜けるというのは今後起こる急落の信号として捉えることができます。

過去の統計から急落の前にはライン3本抜けがあるという事実を見過ごすわけにはいけません。
なのでタートルヘキサでは当日中のライン3本目にあたるラインでは、ポジ追いを見送るという安全策があります。

とはいうものの、今回は-1.5ラインには届いていないので説明はこれぐらいにしておきます。

2/4 3ポジ決済 +740円

3ポジの決済ルールは、
 決済ラインは+1ライン以上で決済水準ラインが2ポジの仕掛け水準、安全策として利幅-10円 の3つの条件を満たすラインが決済有効ラインとなります。
2ポジの仕掛け値は17720なので17720以上の+1ラインであれば決済有効ラインとなるわけです。

2/4の+1ラインは17730円ですので条件を満たします。安全策の利幅-10円しても17720ですのでちょうど決済有効ラインですのでここで利確します。

2/4 日経225ミニ トレード結果
1ポジ:17870②
2ポジ:17720④
3ポジ:17460④
➡決済:17720⑩ +740円

2/6 日経225トレード解説

日経225先物チャート 日足2/6

2/6 1ポジ決済 +220円

2/4に+1ライン17720で1ポジを持った後は、再び下落しミドルラインまで下げました。
そして2/6には2/4.5と突破に失敗していた+1ラインを突破し+1.5ライン17830に到達。
無事利確できました。

2/6 日経225ミニ トレード結果
1ポジ:17720②
➡決済:17830② +220円

2月度月間収益

TSS収益 +960円
rabbit収益 0円
合計収益 +960円 (日経225ミニ取引)

・数値ベースの収益
・約定値の誤差や手数料を含むと若干手取りは少なくなります