2016年9月度月間損益 +1075円

sonekig16-9

TSS9月度最終損益

◆仕掛けP(パターンフォロー型)【買い】9月月間収益:+670円
◆仕掛けT(トレンドフォロー型)【売り】9月月間収益:0円

2016年9月度タートルバンドヘキサグラムトレード収益結果:+670円
≪資金管理パターンDパターンの場合6万7千円の収益(数値ベース)≫

rabbit16-9

rabbit-ラビット- 9月度最終損益

9/12 S 16645❸ → ヘッジ決済 16510❸ +405円
期間合計405円

合計損益 +1075円
≪資金管理パターンDパターンの場合+10万7千500円の収益(数値ベース)≫

7-9月期成績

+6380円(日経225mini取引)

日経225miniトレード総括

TSS7-9月期の最終月となる9月。7.8月とTSSと相場が上手くかみ合わず思ったほどのパフォーマンスを残すことができていませんでした。その結果を受けて挑んだ9月相場でしたが、結果は惨敗。マイナスこそ計上しませんでしたが、目標とするパフォーマンスにはほど遠く歯がゆい思いをしました。

原因はやはり下押しがなかったこと。7月から売りのポジ追いとなり決済待ちの中、8月にはロールオーバーし長期戦の様相を見せました。
為替は100円を一時割るなど非常に円高が進んでいたのにも関わらず、日銀のETF買い入れ倍増などもあってなかなか下げてくれませんでした。

本来の相場であれば平気で16000円を割っていてもおかしくない相場でしたが、日銀の作り出す歪んだ相場を結局崩すことができず、買いでの収益のみに留まりました。

その買いの仕掛けも9/5~27にかけて下落による6ポジ追いが発生しました。この下げで売りの決済もあと少しのところだったんですが。。
9/13には5ポジ到達による安全策の損切りを実施。これで-2270を計上しましたが、ヘッジとしてrabbitの+405円をぶつけ-1865円で凌ぎ、9/29には無事6ポジ決済をすることができました。

この一連の6ポジ追い決済は5ポジ到達による損切りで-1865円、そして6ポジ決済による+2660円で合成決済で+795円ということになります。

買いのトレード結果を見る限り、上方向に対してはしっかりとシステムが機能していました。
9月はボラが小さく上にも下にも行けない場面が多々ありましたので収益が伸びませんでしたが、いずれ相場は大きく展開していきます。

7-9月期の合計収益は+6380円と一つの目安であった+10000円を大きく割って過去最低の記録を出してしまいました。
とはいってもマイナスではありません。相場は負けないことが最優先。1円でもプラスに持って行けたことにフォーカスし、来期からは心をリセットして挑みたいと思います。