2016年5月度月間収益 -1240円

日経225mini5月成績

TSS5月度最終損益

◆仕掛けP(パターンフォロー型)【見送り】5月月間収益:0円
◆仕掛けT(トレンドフォロー型)【売り】5月月間収益:+1040円

2016年5月度タートルバンドヘキサグラムトレード収益結果:+1040円
≪資金管理パターンDパターンの場合10万4千円の収益(数値ベース)≫

rabbit16-5

rabbit-ラビット- 5月度最終損益

5/2 15970 売3枚 → 5/11 16730 ドテン決済 -2280円
期間合計-2280円

合計損益 -1240円
≪資金管理パターンDパターンの場合-12万4千円の収益(数値ベース)≫

4-6月期成績

+14,650円(日経225mini取引)

日経225miniトレード総括

5月の月足トレンドは下降期4M目。仕掛けTは4月に引き続き売りシグナルでした。一方パターンの仕掛けPは微妙な位置関係でしたので見送りとさせていただきました。
3月4月の激動の相場から一転5月は「セルインメイ」もなく恐ろしく静かな相場でした。
4月の大波を乗り切ったオーナー様からしてみればやや拍子抜けの月だったと思います。

5月前半にはやや動きがあり、3ポジや2ポジからの決済があったものの後半は+1ライン~ミドルラインの非常に狭いレンジでの調整ゾーンに閉じ込められた値動きでした。
TSSでは5月後半のような値動きのない相場にはめっぽう弱く収益が伸びません。とはいっても小幅な値動きが続いた後には必ず大きな値動きが訪れるものなので6月に期待したいと思います。

問題はヘッジトレードのrabbitです。TSS側で大きな収益になっているので問題ありませんが、それにしても2016年に入っても未だ-66万円はいただけません。
長期のトレンドが形成されていないのが要因でしょうが、一刻も早くプラマイゼロにまではいってほしいところ。

5月の月間収益はrabbitが足を引っ張ったせいで2016年初のマイナス計上となってしまいましたが、日よりも月、月よりも年単位でプラスになれば投資は良いのです。
6月も難しい相場が続きますが、連敗は避けたいですね。期待しましょう。