2016年1月度月間収益 +5825円

soneki[g]16-1

TSS1月度最終損益

◆仕掛けP(パターンフォロー型)【売り】1月月間収益:+10,880円
◆仕掛けT(トレンドフォロー型)【買い】1月月間収益:-750円

2016年1月度タートルバンドヘキサグラムトレード収益結果:+10130円
≪資金管理パターンDパターンの場合101万3千5円の収益(数値ベース)≫

rabbit16-1

rabbit-ラビット- 1月度最終損益

12/17 19405 買い3枚 → 1/8 17575 ドテン決済 -5490円
1/8  17575 売り3枚 → 1/12 17180 ヘッジ決済 +1185円

期間合計-4305円

合計損益 +5,825円
≪資金管理パターンDパターンの場合97万9千5百円の収益(数値ベース)≫

1-3月期成績

+5,825円(日経225mini取引)

日経225miniトレード総括

2016年1月は両建てとなりました。というのは仕掛けPによる12/18から買いポジの継続、そして仕掛けTによる1月から売り開始となったためです。
年明け大発会から一方的な下げで仕掛けPの方の売りはしっかりと利益を積み上げていきました。
-2ラインタッチ後の下降パターンにより「オイシイ」動きで2ポジや3ポジで効率よく利確することができ、青い方の収益表を見てもらうと分かるように全決済をプラスできれいな右肩上がりの収益となりました。

1-3月期から参加されたオーナー様は売りのみの仕掛けだったのでストレスなくいきなりこのオイシイ動きでTSSでどのように収益を上げていくかを体験していただけたかと思います。

売りのトレード解説はこちら
1/4~1/15 日経225miniトレード解説(売り) -360円
1/15~29 日経225miniトレード解説(売り) +5750円

一方、12月からの買いのポジ追いで苦戦しました。急落の前兆による損切りから、5ポジ到達によるポジション軽減でマイナス決済が先行しながら、1/29の1月最終取引日になんとか決済を迎え、最終的にはその大半を取り戻すことができましたが、わずかにマイナスとなる結果になりました。

買いのトレード解説はこちら
12/18~1/29 日経225miniトレード解説(買い) +435円

そしてヘッジトレードであるラビットは年明けから絶不調のスタートとなりました。
過去の検証から見ても稀な大きな損失となってしまいました。
1/12のヘッジ決済はTSSの買い仕掛け(赤い方)の-6450にぶつけた相殺決済となります。

ラビットはどうしても相場のトレンドの波に対してタイミングが合わない時期があります。どうやら現在その時期に入っているのかもしれません。
いずれ訪れる大きな波とラビットの仕掛けが合ってくれば今回のマイナスも一気に取り返してくれると信じています。