2015年10月度月間収益 +780円

日経225mini10月成績

TSS10月度最終損益

◆仕掛けP(パターンフォロー型)【売り】10月月間収益:-6,480円
◆仕掛けT(トレンドフォロー型)【見送り】10月月間収益:0円

2015年10月度タートルバンドヘキサグラムトレード収益結果:-6,480円
≪資金管理パターンDパターンの場合64万8千円の収益(数値ベース)≫

rabbit15-10

rabbit-ラビット- 10月度最終損益

8/20 20090 売り3枚 → 10/5 18220 ヘッジ決済 +5,610円
10/6 18350 買い3枚 → 10/23 18900 ヘッジ決済 +1,650円

期間合計7,260円

合計損益 +780円
≪資金管理パターンDパターンの場合7万8千円の収益(数値ベース)≫

10-12月期成績

+780円(日経225mini取引)

日経225miniトレード総括

まず収益表を見てえっ!-6480円!?と思うかもしれませんが、このマイナスはTSSとrabbitを併用した安全策による損切りになりますので同時にrabbitの収益を見てもらえればと思います。

10/5の-4180円のマイナス決済ですが、これはTSSの5ポジの仕掛けと同時に1~3ポジを一旦決済するという安全策を実施した結果です。同時にrabbitの8/20に仕掛けたS玉3枚をTSSの決済と同時にヘッジ決済を行います。
これにより、TSSでは-4180円ですが、rabbitで+5610円で余りが出るほどのヘッジ決済ができたことになります。つまり、6ポジ、7ポジとこの先ポジ追いが進む際に襲われる含み損の恐怖をかなり軽減できたことになります。

結果的に10/5のケースは5ポジで終わっていますが、5ポジで終わるか、8ポジまで行くかはその時点では分からないわけです。
そして10/15に残りのポジションを決済し、+2010円の収益を上げこの一連のポジ追いから決済までの総合収益は(-4180、+5610、+2010)+3440円という結果になります。

15日の決済後は再び上昇し、売り方にとっては厳しい相場となります。
10/23のマイナス決済も10/5の同様に5ポジ仕掛けによる安全策決済となります。

この時もrabbitの+1,650円と同時決済となりますので合算して-2660円でポジ追いを軽減したことになります。
残りのポジションの決済は10月中に迎えることができなかったのでマイナス決済が先立ってしまっていますが、11月の決済では大きなリターンとなり10月と11月の収支で総合的に収益を残せればと思っております。