2014年10月度月間収益 +14490円

日経225ミニ 10月度月間トレード損益

■タートルバンドヘキサグラムトレード 2014年10月度損益表

日経225mini10月損益P 日経225mini10月損益T
日経225mini10月損益グラフP 日経225mini10月損益グラフT

◆仕掛けP(パターンフォロー型)【買い】10月月間収益:+7,245円
◆仕掛けT(トレンドフォロー型)【買い】10月月間収益:+7,245円

2014年10月度タートルバンドヘキサグラムトレード収益結果:+14,490円
≪日経225先物ミニ1枚スタートの場合144万9千円の収益(数値ベース)≫

日経225miniトレード総括

10月の売買シグナルは買いの倍建て。長期の方向性は上。中期のトレンドは上昇期により買い優勢でした。
しかし、9月までの順調な上昇基調から一転、10月に入ると急落に転じます。

TSSでは、ポジ追いの日々に追われ10/16には7ポジ目となり、オーナー様からは不安の声をたくさんいただきました。オーナー様を少しでも勇気を持ってルールを守ってもらおうと「トレード考察」にて勝者と敗者の分かれ道というタイトルで4回の記事をお伝えしました。

厳しい状況にこそチャンスがあり、それを認識し実行に移せた方には栄光が待っています。
この勝者と敗者の分かれ道を投稿したのは10/16でしたが、まさにその日がこの下落の安値となり、そこから転換し反発し始めました。

7ポジまで進行し、結果は見事に10月中の決済ができ損益はTSSをスタートさせて以降で最大の利益を生む結果となりました。その額はなんと140万円超。これは1ポジ2枚スタートさせた結果です。
オーナー様の中には4枚スタートされておられる方もあり、その結果は300万円近くまでになります。

無事決済を迎えられたオーナー様からは安堵の声と喜びの声をたくさんいただき、こちらも安堵と喜びを頂きました。本当におめでとうございます。
また、完璧ではなかったにせようまく決済できた方もあり、「今度こそは!」という意気込みの方もおられます。

今回の経験を次に繋げられるか?これが非常に重要だと感じています。
うまくいった方は自信につながりますし、うまくいかなかった(ルール通り行えなかった)方はこの結果でこのトレードの信憑性の高さを再認識されたかと思います。
そして、次は絶対にやり抜くんだと心に決め、次の行動に移せたかたは今回の勝負は「勝ち」だと言えます。

どれだけ儲けたか、などの収益額が大事ではありません。何かを信じてやり抜けたかどうか。これは投資の世界のみならずすべての世界において共通する重要なファクターです。

負けない投資を選び、負けない結果を残すことが大切です。そして、その負けない投資をするためにやり抜くことをする、これが最も単純で最も難しいことです。