-2ラインの経過日数と過去7つの事例

経過日数とは?

今回の考察は、経過日数による値動き考察です。
経過日数とは、聞き慣れない言葉だと思いますがタートルバンドヘキサグラムトレードにおける時間軸から見た値動きパターンの1つです。
経過日数には、-1.5ラインと+1.5ラインの経過日数、-2ラインと+2ラインの経過日数の計4種類存在します。

内容は単純で最期にタートルバンドの-1.5ラインにタッチした日を1dとし、次に-1.5ラインに到達するまでの間の日数を-1.5ラインの経過日数と呼びます。+1.5ライン、-2ライン、+2ラインに関しても同じです。
この時間軸から見た経過日数にはある法則が存在します。

このコンテンツはタートルズメンバーのみ閲覧可能となっております。 新規登録の方は以下のフォームから登録を行なって下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目