14/8/21 スイングトレード結果 +240円

8/21 日経225mini トレード解説

こんにちは、タートルです。

すみません、トレード解説がなかなか更新できていない状況です。
今回の記事では8月の21日のスイングトレード解説となります。では早速やっていきましょう。

8/21 寄り成り1ポジ決済 +70円

8-21b

とその前に前回のトレードおさらいはコチラ→14/8/20 スイングトレード結果 +1620円

20日に仕掛けた+1.5ラインの15490円の買い玉が今回の1ポジとなります。
1ポジの決済ルールは、2点ありましたね。

1つは20円以上の寄付きで”寄り成り”で利確できるケース
もう1つはライン決済で利確できるケースです。

順番としては寄り成り→ライン決済となります。当然ですね。
寄り成りで利確する場合はタートルバンドライン値は関係ありません。ラインに関係なく、20円以上の寄付きで決済できます。

今回ですと、1ポジが15490円保有なので15510円以上であれば寄り成り決済有効となります。
21日の始値は15525円でしたので寄り成り利確できました。

8/21 トレード結果
1ポジ:15490②
→決済:15525② +70円

 

8/21 ライン1ポジ決済 +170円

8-21c

寄り成りで利確する際も新規の1ポジを取ります。決済と新規1ポジ取りはセットで考えておいてください。
寄付きで15490円を15525円で利確すると同時に新規で15525円で買いを仕掛けるということです。

そして、寄付き後はライン決済に移ります。
ライン決済の最小利幅は20円です。つまり、15525円の20円上の15545円以上のラインが決済有効ラインということになります。

8/21の+2ラインは15610円なのでこのラインが場中の決済有効ラインとなります。
+2ラインに到達した際はこの日のこれ以上の決済ラインはありませんが、次の日以降に利確できるように新規の1ポジは取ります。

この15610円の1ポジ以降、8月相場は下落に転じポジ追い、そして決済待ちとなり8月のトレードは以上になります。

8/21 トレード結果
1ポジ:15525②
→決済:15610② +170円

8月度月間収益

+1860円(日経225先物ミニ取引)

・数値ベースの収益
・約定値の誤差や手数料等を含むと若干手取りは少なくなります