14/6/2.3 日経225トレード解説 +375円

swingtradebanner2いよいよ6月入り。

結局月足での寄り位置は月足ミドルを超えることができず、調整期5M目となりました。
それを受けて、トレンドによる売買判断の仕掛けTはまたしても見送りとなります。

もう一方の仕掛けPは4月からの買い仕掛けを継続します。
よって、6月の売買シグナルは買いの片建てで攻めることになります。5月と同様ですね。

6/2 トレード解説

まず6/2のトレードから見ていきましょう。
6月はTSS×CFDモニター体験がスタートしました。CFDには寄り成りという注文ができないのが厄介ですが、CFDの寄付き(8:45~)の動きの中で成行きで買い1ポジを仕掛けることで1stポジを取ります。

およそ14740円前後でポジションをとれたのではないでしょうか?
このサイトでのトレード解説は日経225ミニでの解説を行なっていきます。CFDもほとんど同じなので同様にトレード解説をご活用ください。

話を225ミニに戻しましょう。
1ポジは5/28に仕掛けた+2ラインの14720円の買い1枚ということになります。

6-2

1ポジの決済は最低利幅20円以上で細かく利食いしていきます。
寄付きが20円以上であればライン関係なく、寄り成りで利確できますし、ラインでも20円以上にあるラインでしたら決済ラインとして有効となります。

5/29.30には寄付き、ラインともに決済には至らず、6/2の+1.5ラインで利確することになります。

6/2 トレード結果
1ポジ14720①
→ 14790① 利確+70円

6-2-2

+1.5ラインで利確後は急伸。次の決済ポイントである14890/+2ラインにもあっさり到達。
ここでもさきほど利確と同時に仕掛けた1ポジ/14790の買い玉を利確できます。

6/2 トレード結果
1ポジ14790①
→ 14890① 利確+100円

この時、+2ラインでもうこれ以上利確ラインがないから、ポジションは取らなくていいんですか?というお問い合わせをいただくことがあります。

答えは ”取ります”

その日にそれ以上の利確ラインがなくても次の日以降現れますので、よっぽどのことがない限り利確と新規1ポジは取り続けると思ってもらって構いません。

1ポジを取らない場面は月末などで売買シグナルが変わりそうな時のクローズする時だけです。

この日、+2ラインを突破し15000円台に乗せます。

6/3 トレード解説

6-3

続いて、6/3のトレード解説です。

2日に+2ラインを見事に突破し大きな陽線を形成した後もその勢いは止まらず、3日の寄り付きでは前日高値を超えての寄付きで強さを見せました。

ここでも問題なく1ポジを利食い。

6/3 トレード結果
1ポジ14890①
→ 15095① 利確+205円
6月からCFD取引を始められた方からはさっそく喜びと驚きの声をいただいています。

こんなに簡単に稼げるなんて!
簡単に利益が乗るので驚いています!

など。体験期間は短いですが、できるだけ収益を乗せられるようにフォローさせていただきますのでよろしくお願いします。

■6月度月間収益■

+375円(日経225先物ミニベース)

TSS7-9月期お申込みスタート!

さて、ここでお知らせです。

TSSが新しく生まれ変わりました!

より見やすく、より使いやすく、より簡単に をテーマにTSSがTSS2.0としてアップグレードしました。
メンバーズサイトのトップページに動画を張り付けてあるので百聞は一見にしかずということでぜひご覧ください。
http://turtlesmember.blog.fc2.com/

その新しいTSS2.0に伴いまして TSS7-9月期のお申込みを開始いたしました!
毎度多くの方にお問い合わせやお申込みをいただいておりますが、今回CFDでの取引が加わって大変多くの方に関心をいただいており、今回混雑が予想されます。

新規の方も継続の方もできればお早目のお申込みにご協力ください。
お申込み期限は6月30日までですが、お申込み状況により募集を途中で打ち切らさせていただく場合がございますので予めご理解ください