14/4/8 日経225スイングトレード結果 その② +900円

swingtradebanner

4月のシグナルは仕掛けPは新規で売りスタート、仕掛けTは継続で引き続き売りスタート。

仕掛けP 4/8トレード解説

まずは仕掛けPのトレード結果から見ていきます。

前回は-1ラインで利確しましたね。

1ポジ:14750/-1ライン 売り1枚

-1ラインの次の決済ラインは-1.5ラインです。

【4/8 トレード結果 仕掛けP】
1ポジ:14750①
⇒決済:14580① 利確:+170円

  

仕掛けT 4/8 トレード解説


つづいて仕掛けTです。
仕掛けTは前回のトレードで5ポジでの決済により、-1.5ラインから30円安全策を取ったことで決済値が14610円となっていました。

1ポジ:14610 /-1.5ライン 売1枚

14610ジャスト値で折り返し、再び-1ラインに向かいました。
-1.5ラインの次のポジ追いは-1ラインで有効なので-1ライン/14750円で2ポジ目です。

2ポジ:14750 /-1ライン 売2枚

この時、高値14760円。底の14610円はジャスト、天は10円の誤差と非常に高いレベルで天と底を完ぺきに捉えているのを体験していただけたかと思います。

これで-1.5ライン→-1ラインとポジ追いしました。こうなると、-1.5ラインで決済待ちということになります。

今回は2ポジなので安全策を取る必要はありません。
正規の-1.5ライン、つまり14580円で決済待ちすることになります。

日中引けにタッチ。利確できなかった方はナイト寄りで利確できたかと思います。

【4/8 トレード結果 仕掛けT】 
1ポジ:14610①
2ポジ:14750②
⇒決済:14580③ 利確:+370円

  

この-1.5ライン14580円の決済により、仕掛けP、Tともに仕掛けが追い付きましたので次の仕掛けからは売りの倍建てとなります。
倍建てはつまり、仕掛けPもTも同じ仕掛け、同じ決済になるので資金比率が2倍になることを言います。

仕掛けP・T 4/8 トレード解説

ここからは仕掛けP・Tの決済報告となります。

倍建てということは1ポジの仕掛けが売りミニ2枚スタートになるということです。
-1.5ライン14580の1ポジから倍建てスタートです。

1ポジ:14580/-1.5ライン 売り2枚

-1.5ラインの次の決済値は-2ラインとなります。

【4/8 トレード結果 仕掛けP・T】 
1ポジ:14580②
⇒決済:14400② 利確:+360円

  

月間収益:+4015円(日経225先物ミニベース)