14/4/11 スイングトレード結果 +260円

前回の-2ライン/14230の利確により、目先の押し目ラインである14100~14200レベルに到達しましたのでパターンフォローである仕掛けPの売り仕掛けはクローズとなり、仕掛けTの売り仕掛けのみの片建てとなります。nnここまで売りの倍建てで下落相場で大きく稼いできましたが、ここからは注意が必要です。

nn3monthbandでの強烈な押し目である3M+1ラインに到達しているからです。n現在はこのラインを下回っていますが、押し目買いが入るゾーンでもあります。nnつまり、買いで入っても有効なポイントなのですが、すぐに入るということはしません。nこのことは後日、メンバーズサイトで詳しく説明いたします。nnさて、先週の日経225先物取引の値動きは下落一辺倒でした。

4/11 タートルヘキサ トレード解説

-2ラインタッチ後はどこまで反発があるか、またどのラインが重値になるかで下落の強さを判断することができます。
その動きをタートルバンドではパターンで捉える事ができます。

-2ラインタッチ後、反発しどのラインまで戻すかを条件とします。

もちろん、-2ラインで下げ止まれずブレイクするケースが最も強い下落のケースというのは言うまでもありません。

4/11の寄り付きは-2ラインを割って下で寄りつく、【バンドブレイク】

バンドブレイクではもちろん、寄り成りで利確ができます。この時注意ですが、バンドブレイクでも利確時の1ポジ取りはします

よく「そろそろ反発するだろう」「ここで売りを仕掛けるのは怖い」「売りを見送り」

などのお声をいただきますが、最終的な判断をするのはもちろんオーナー様ですので否定することはしませんが
そのような裁量的な判断を一切取り除いたシステムトレードがこのTSSの良さでもあります。

さらにどこまで下がるかはどんな方法でも分かりません。
ですから、1ポジを取ることで利確チャンスを逃さないということがメリットになるのです。

勇気を持って1ポジを仕掛けてみてはいかがでしょうか?

【4/11 トレード結果 仕掛けT】 
1ポジ:14230②
⇒決済:13970② 利確:+260円

月間収益:+5295円(日経225先物ミニベース)