14/4/10 スイングトレード結果 +200円

連日利確が続き、オーナー様から感激のお声をいただいております!

”こんな投資法見たことない!”
”改めてソフトのすごさを実感しています!”
”タートルさんのメールのコメントが的確すぎるっ!”

などなど。オーナー様が喜んでいるということは私も喜んでいるということです。
喜びのシェアをしていきたいと願っています。

さて、本日も利確報告をさせていただきます。

前回の記事では-2ラインタッチ後の値動きのパターンの1つをご紹介しました。
今回もその中から一つ例にあげてご紹介したいと思います。

-2ラインタッチ後の下降パターンの1つとして、-1ラインが重値になり反落するパターンがあります。

-1ラインから-2ラインまでの間のゾーンをSゾーンと言い、下降時にはこのゾーン内で推移していきます。
下値は-2ラインを狙います。

前回ご紹介した値動きも同じことが言え、-1.5ラインが重値になった場合でも狙うのは-2ラインとなります。
つまり、目先-1ラインを超えられないと下落がおさまることがないことが言えます。

4/10 タートルヘキサ トレード解説

1ポジ:14330 売2枚

10日の寄付きは-1ライン付近。

前日の-2ラインで反発する形で-1ラインまで戻してきた格好になっています。
寄り付きから-1ラインまで戻せば2ポジを取る予定でした。

-1ライン:14580  10日高値:14520

残念ながら仕掛けには届きませんでした。

しかし、-1ラインすら届かなかったということで戻りの弱さを確認できます。

こうなると-1.5ラインではサポートが入りません。一気に-2ラインまで到達です。

-2ラインで利確。
これで14200レベルまで下げたことで仕掛けPの売り仕掛けは一旦クローズです。
その理由は今後、メンバーズサイトでUP予定です。

今後は仕掛けTの売り片建てのみとなります。

どーでしょーか??

日ごろから値動きはパターンで捉える事ができると言っている意味がお分かりいただけますか?

タートルバンドと言う特殊なフィルタで相場をのぞいてみると、その規則性に驚かされます。

【4/10 トレード結果 仕掛けP・T】 
1ポジ:14330②
⇒決済:14230② 利確:+200円

月間収益:+5035円(日経225先物ミニベース)