14/3/7 日経225スイングトレード解説 +330円

swingtradebanner

3/7 トレード結果 仕掛けP買い仕掛け

保有ポジは前回3/6の利確時の15210円。

1ポジ:15210/+2ライン 買い1枚

何度も申していますが、1ポジの寄り成りでの利確はこの15210よりも20円以上高く寄りつけば寄り成りで利確できます。
これはライン関係なく利確できます。

3-7-1

7日 寄付き:15265

15230円以上なので寄り成り利確です。

【3/7 トレード結果 仕掛けP】 
1ポジ:15210①
⇒決済:15265① 利確:+55円

 
これで1ポジが15265 となりました。

1ポジ:15265 /+2ライン 買い1枚

+2ラインなのでこの日のこれ以上の利確ポイントはありません。
下落すれば+1.5ラインで2ポジ追いです。

3-7-2

+1.5ラインである15150円に到達したので2ポジ目です。
2ポジなので資金比率は2で買い2枚となります。

ここからさらに下落すれば+1ラインで損切り&1ポジ取りをします。

安値15145円で誤差5円でドンピシャで反発しました。

強い上昇パターンにおける+1.5ラインのサポートは非常に安定しています。
過去の値動きのパターンを見ても、強い上昇トレンド時には必ずと言っていいほど+1.5ラインでのサポートを受け高値を切り上げていきます。

つまり、上昇時による+1.5ラインから+2ラインのいわゆるB2ゾーンでの行って来いは非常に稼ぎやすいゾーンと言えます。

3-7-4

見事綺麗にパターンに当てはまる動きを見せました。
+2ラインで1ポジ、+1.5ラインで2ポジ追いをし、そして再び+2ラインまで反発したところで利確。

デイトレのような取引ですが、このような値動きの激しい場面では積極的に取引します。

この日の+2ライン/15280で2ポジ決済です。

【3/7 トレード結果 仕掛けP】 
1ポジ:15265①
2ポジ:15150②
⇒決済:15280③ 利確:+275円

 
この日、2回の決済でおよそ3万円の収益となりました。

一連の動きからの決済を迎えらたオーナー様からは、驚きの声をたくさんいただきました。

・ラインの有効性がすごい!
・ホントにパターン通りの動きでビックリ!
・忙しいけど利確できてすごくうれしいです!


などなど。TSS1ヵ月のオーナー様もだいぶ慣れてきて順調に利食いしているようでなによりです。

トレード結果や解説を見てると、なんだか難しそうで自分には無理かなと思われるかもしれませんが、
解説をしているような難しいルールなどを全部詰め込んだのがTSSですから、ぶっちゃけルールや仕組みを全く
知らなくてもTSSに従って発注さえすれば同じ結果になるってことですよ。

ただこのトレード解説では、よりTSSというか『タートルバンドヘキサグラムトレード』を知ってもらおうと思って更新しているのです。
 
より理解力が深まると、信頼性が増します。
信頼性が高まると、しっかりとルールを守る精神が身に付きます。

つまり、ルールを守るということが最も重要なことです。

月間収益:+670円(日経225先物ミニベース)