14/3/28 日経225スイングトレード解説 +1275円

swingtradebanner

こんにちは、タートルです。

早いものでもう3月が終わりますね。TSS1-3月期も残すところあと1日となりました。
今回新たに参加されたオーナー様、そして以前からお付き合いのある継続オーナー様を加え、さらにボリュームアップして4-6月期は挑みます。

目指すは全員100万円!です。

3-28

3/28 スイングトレード解説

3/10 1ポジ:15160/+1.5ライン 買い1枚

3/10に決済した15160から1ポジスタート。
ここから一方的な下げに転じます。

両建て時には売りで利確しながら、買いではポジ追いをしていきます。

このポジ追いはしっかりとしたルールがないと大変なことになります。

例えば最終仕掛値から100円未満のラインは見送る、ライン3本抜けの安全策など、過去10年以上のテクニカル分析による検証から導き出されたパターンから作りあげたルールは頑丈ですのでご安心ください。

+1ラインは100円未満なので見送り、ミドルラインは取引しませんので見送り。

ということで次は-1ラインとなります。
-1ラインの次は-1.5ライン、-2ラインと追っていきます。

3/12 2ポジ:14840/-1ライン 買い2枚
3/12 3ポジ:14680/-1.5ライン 買い2枚
3/13 4ポジ:14520/-2ライン 買い3枚

この間には売りでは利食いをしています。

-2ラインタッチ後は最終仕掛け値(14520)から200円以下に条件を厳しくします。
つまり、14320円以下のブレイクによる寄付きか、ラインかで次の仕掛けをします。

3/14の寄り付きは14370だったので見送りとなります。

そして、週明け17日の寄付きで大幅なギャップダウンで5ポジ目をとります。

3/17 5ポジ:14840/-1ライン 買い3枚

5ポジの決済ルールは

・決済ラインは   +1.5ライン 以上
・決済水準ラインは 3.5ポジ値
・安全策として利幅を 30円縮小

 

この3点です。詳しくは→伝授!5ポジ追い時の決済ルール

決済水準ラインは3.5ポジですので、14680円と14520円の間である14600円以上が水準値となります。

つまり、14600円以上に+1.5ラインがあれば決済有効ラインとなります。

3/28の+1.5ラインは14720円なので14600円以上で有効となります。

さらに5ポジ以上からは安全策として、決済ラインよりも30円利幅を縮小させ確実に約定させるようにします。

つまり、ライン値は14720ですが決済発注は14690円とします。

3/28 仕掛けP トレード結果
1ポジ:15160①
2ポジ:14840②
3ポジ:14660②
4ポジ:14520③
5ポジ:14185③
→決済:14690⑪ +1275円

 

ポジ追いはほとんどの場合、5ポジで完結します。しかし、必ずしもそうとは限りません。
6ポジ、7ポジ、そして8ポジとポジ追いが進む日もいつかは来るでしょう。

そのような時にしっかりルールを守り抜けるかどうかが、この投資の世界で生き残れるかどうかの分かれ道となります。

今回、上手く仕掛けられなかった方、どうしても裁量になってしまう方。

これまで投資で上手くいかなかった方は考え方から変えなけれいけないかもしれません。
もう勝つためのツールは存在します。

あとはご自身がそれを遂行するかどうか。それだけです。

これからTSSでバリバリ稼ぎたい方は1つだけ守ってほしいのです。

どんなに不安に襲われようとルールを信じ、実行すると。

そうすれば結果は必ず付いてきます。

 

月間収益:+3885円(日経225先物ミニベース)