14/3/12 日経225スイングトレード結果 +375円

swingtradebanner

3/12 トレード結果 仕掛けT売り仕掛け

3月12日トレード結果 仕掛けT売り仕掛けこれまで仕掛けPの買い仕掛けのトレード結果ばかりでしたが、久々に仕掛けTの売り仕掛けのトレード報告ができます。

1ポジ:14535/-1.5ライン 売り1枚

3-12

3/4に利確した14535を1ポジとしポジ追いスタート。

同日に-1ラインまで到達。ここで売り2ポジです。

2ポジ:14670/-1ライン 売り2枚

これで-1.5ライン→-1ラインとポジ追いしました。

次は+1ラインとなります。

3/4の大きな上昇によって次の仕掛けである+1ラインに到達しています。

しかし、この+1ラインの位置関係は「ライン3本抜け」にあたります。
ライン3本抜けが出現した時は注意が必要です。過去の統計で言うと急伸のシグナルと捉える事ができます

ライン3本抜けは1日の内にラインを3本到達することで当日中に仕掛けつまりポジ追いするのは2本目までで、3本目以降はポジ追いを見送ります。

そして、その日にどのラインまで到達したかを確認し到達したラインの次のラインから仕掛ける安全策を実行します。

今回で言うと、+1ラインまで到達しているのでその一つ上の+1.5ラインが次の仕掛け(ポジ追い)となります。

3/6

ライン3本抜けが出現したことでやはり上に仕掛けてきました。+1.5ラインに到達で3ポジ目です。

3ポジ:15070/+1.5ライン 売り2枚

さらに+2ラインにも到達。これで4ポジ目です。

4ポジ:15210/+2ライン 売り3枚

これで4ポジ追い。
4ポジ追い時の決済ルールは

決済ライン:-1ライン以下
決済水準ライン:3ポジ仕掛け水準(15070円以下)
安全策:利幅を10円収縮

この3つの条件を満たすラインとなります。

3/12の-1ライン値は14920円。
14920円は決済水準ラインの条件も満たしている-1ラインなので決済有効となります。

そして安全策として10円縮めて14930円で発注をかけます。
無事利確。

【3/12 トレード結果 仕掛けT】 
1ポジ:14535①
2ポジ:14670②
3ポジ:15070②
4ポジ:15210③
⇒決済:14930⑧ 利確:+205円

 

これで買い目線でも利確、売り目線でも利確できたことになります。

日経225で両建てで勝つことはできます。

3-12-2

利確と同時に1ポジを14930を取り、さらなる下落に対して利確できるように新たにポジションを取ります。

決済ラインである-1.5ラインまで到達。利確。

【3/12 トレード結果 仕掛けT】 
1ポジ:14930①
⇒決済:14760① 利確:+170円

 

TSSでは決済と同時に新たに1ポジをシステマティックに持つので裁量など要りません。

逆行に対しても明確な数値で表示されますし、決済値についてもすべてTSSで表示された数値を元にこのトレード結果となりますので再現性は極めて高いのが特徴です。

月間収益:+1505円(日経225先物ミニベース)