13/9/5 日経225スイングトレード解説 +410円

swingtradebanner

おはようございます。タートルです。

利食いする日が続きます。1ポジや2ポジでの決済は1~2日で利確するケースが多いです。
現在日足で上昇パターンに入っている状態で、尚のこと利食い出来やすい状況と言えます。

当トレードは基本的にスイングトレードですが、時にデイトレ並みにトレードすることがあります。
1日の上下幅が広い昨日のようなケースだとレンジで非常に有効的に利確できます。

9/5 トレード結果 仕掛けP買い仕掛け

nikkei225-130905-3

まず日足タートルバンドで見ていきましょう。
今回の場合、仕掛けや決済をするラインを2度タッチするケースが出てきました。

そのような場合、仕掛けラインが有効なのは1回限りか?

いいえ、何度も有効です。

つまり何度も利食い出来るのです。

①1ポジ:14020⇒②利確:14145

まず前回の利確の13920を1ポジとし、9/5の寄り付きが14145円で利確します。

【9/5 トレード結果 仕掛けP 買】
1ポジ:14020①
決済:14145① 利確:+125円

 

1ポジでの利確は最終仕掛け(14020円)より20円以上利食いできる寄り付きであれば有効です。
今回、14040円以上の寄り付きであれば寄り成り利確できました。

③2ポジ:14010円⇒④利確:14150円

ここからは日足チャートでは分かりにくいので5分足チャートで見ていきます。

nikkei225-130905-2

上下に引いた赤い線が日足タートルバンドの+2ライン、+1.5ラインとなります。
もう一度おさらいしますが、

寄り付き14145円で14010円の1ポジを利確、1ポジ取り。

その後の下落で+1.5ライン到達。+1.5/14010で2ポジをポジ追いし、
再び上昇し到達した+2ライン/14150円で2ポジを利確します。

【9/5 トレード結果 仕掛けP 買】
1ポジ:14145①
2ポジ:14010②
決済:14150③ 利確:+285円

 

そして再度、+2ラインからの下落で+1.5ライン到達。
ここでも同じように2ポジを取れます。そして+2ラインで決済待ち・・・という手順になります。

3度目の利確はありませんでしたが、このようにデイトレのような忙しい日も稀にあります。

今回のようなB2ゾーンでの値動きは非常に高確率で利食いができます。

例え下落してもポジションをしっかり拾い、利確、また拾い利確という感じに小幅な押し目でも
資金比率で結果的には収益を伸ばすことも可能になります。

月間収益:+1,500円(日経225先物ミニベース)