13/9/4 日経225スイングトレード解説 +560円

swingtradebanner

おはよーございます。タートルです。

3日に+2ラインタッチをして、日足で上昇パターンに入りました。
上昇パターンに入ると、そのパターンを生かして安定して収益を伸ばすことが可能になります。

9/4 トレード結果 仕掛けP買い仕掛け

nikkei225-130904-2

①1ポジ:13920 (+2ライン)

前回の利確と同時に1ポジ取り。
+2ラインタッチ後は失速、3日の引けには+1.5ラインにタッチしました。

②2ポジ:13790 (+1.5ライン)

+2ラインの次のポジ追いは+1.5ラインです。その際、注意はポジ追いする「間隔」です。
最終仕掛け値から次にポジ追いするラインの間隔が100円未満の場合は【見送り】【繰り下げ】判断となります。

TSSでよく”見送り”と表示されるのはこのためです。

今回の場合、最終仕掛け値が13920円。それよりも100円安い13820円以下であればポジ追い有効なわけです。
ということで+1.5ライン(13790)でポジ追いします。

③決済:14020 (+2ライン)

+2ラインタッチ後の値動きにはパターンがあります。
そのパターンは「上昇の強さ」を判断することができます。その強さの判断は「どのラインで反発するか?」つまり、どのラインでサポートするかで分かります。

ルールブックで言うと、
【■強い上昇パターン・・・Bゾーンでの動きでしっかり反発し高値を狙う】

の部分になります。
そのうちの+1.5ライン反発⇒+2ラインを狙う にあたります。

それを踏まえてもう一度チャートをご覧ください。

どうでしょうか?

パターンが見えてきましたか?

3日に+2ラインタッチ⇒失速⇒+1.5ラインまで下げる⇒+1.5ラインでサポート⇒+2ラインを狙う

このような値動きの構図になります。
それを利用して

+2ライン1ポジ⇒+1.5ライン2ポジ⇒+2ライン利確

という流れになります。

【9/4 トレード結果 仕掛けP 買】
1ポジ:13920①
2ポジ:13790②
⇒決済:14020③ 利確:+560円

 

このようにパターンにハマると2ポジ追いでも収益は大きくなります。
5ポジまでは収益を伸ばすためのポジ追い、6ポジ以降はダメージを少なくするためのポジ追いという感じですね。

もちろん、6ポジ追い以降でも大きな収益を伸ばすチャンスでも同時にあります。
(1回の利確で100万円を越えることも!)

上昇のパターンに入った日経225。
現在仕掛けが一つだけですが、勝ち続けることが大切です。マイナスにならなければ資産は増えるわけですからね。

月間収益:+1,090円(日経225先物ミニベース)