13/9/25 日経225スイングトレード解説 +95円

swingtradebanner

おはようございます。

また暑くなったり、そうかと思えば寒いくらい涼しくなったりと気温の変化が激しい最近ですが、
着実に秋になっていますね~。

皆様くれぐれも体調を崩さぬようお気を付け下さいね。

9/25 トレード解説 仕掛けP買い目線

さて、スイングトレード結果解説です!

nikkei225-130925

前回の急伸で+2ラインまで到達しました。
+2ラインタッチ後はやや息切れ模様です。

①1ポジ14810→②2ポジ14575 2ポジ追い

9/19に+2ラインで1ポジを取った後は失速。

+2ラインで1ポジを取った場合の次の2ポジ目は+1.5ラインを狙いますが、この時の注意は、1ポジから100円以上離れた位置に+1.5ラインがあるかどうかです

19日の翌20日の寄り付きは+1.5ラインを割っていますが、20日の日の+1.5ラインは14760円ですので14810から50円しか離れていないので+1.5ラインでの仕掛けは無効となります。

+1.5ラインでの2ポジ目が繰り下げとなると、次は+1ラインとなります。

週明け24日の寄り付きは14575円でスタート。

24日の+1ラインは14620円ですので14810から100円以上離れているので有効。
+1ラインでの仕掛けが有効となると、その有効ラインを割って寄り付いた14575は寄り成りで2ポジ目を拾います

③決済14685

2ポジでの決済ケースはマスターできましたか? (ルールブック参照)
2ポジでの決済ケースは全部で4つのケースがあります。

今回はそのうちの一番下のケース

■寄り成りでの決済パターンその②(決済水準以上の決済)

というものになります。
決済水準ラインは2ポジの14575に100円足した値になります。今回で言うと14680円。(10円単位のため繰り上げ)

そして25日の+1ラインは14680円で決済有効ラインとなります。

その決済有効ラインである+1ラインより高く寄り付いたので寄り成り利確できます。(わずか5円ですが)

【9/25 トレード結果 仕掛けP 買】
1ポジ:14810①
2ポジ:14575②
⇒決済:14680③ 利確:+95円

 

仮に26日の+1ラインが14660円で決済水準ライン(14680)より低い位置にラインがある場合は+1ラインは決済有効ラインではないので寄り付きが14685円でも寄り成り利確できませんのでご注意ください。

とは言ってもTSSではしっかり表示してくれますのでご安心くださいね。

このように仕掛けが+2→+1というポジ追いで決済が+1.5ラインでなく+1ラインで利確できる場合もあります。
2ポジでの決済は少し複雑なので少々の慣れが必要になりますね。

月間収益:+3,635円(日経225先物ミニベース)

一緒にTSSを使って喜びのシェアをしませんか?