13/9/11 日経225スイングトレード解説 +150円

swingtradebanner

おはようございます。

連日利確する日々が続いております。
TSSオーナー様からは喜びと驚きの声を毎日のようにいただいております。

「素晴らしいロジックをありがとうございます!」

「今日も利確できました!ありがとうございます!」

「ついに勝てる投資法に出会えました」

喜んでいるオーナー様の顔が目に浮かんできます。嬉しいかぎりです。
もっともっと稼いで楽しい毎日にしましょうね^^

9/12 スイングトレード解説 仕掛けP買い目線

では、本日で3日連続の利確報告をさせていただきます!

nikkei225-130911-2

①1ポジ:14400 → ②決済:14510(寄り成り)

昨日の+2ライン到達による利確での1ポジ取りからになります。

1ポジでの利確ルールは頭に入っていますか~?

1ポジでの最低利幅は20円です。これは仕掛け値から20円上がる度に利確するという意味ではありません。

1ポジでの利確ルールは

・寄り付きによる利確
・ラインによる利確

この2つに分かれます。
2つとも最低利幅は20円で15円以下の場合は見送りとなります。

9/10の+2ライン14400で利確後は利確はありません。+2ラインは一番上のラインなのでこれ以上の決済ラインがないからです。
この場合は翌日の寄り付きによる決済となります。

翌日の寄り付きが1ポジの仕掛け値よりも20円以上プラスの出る位置であれば寄り成りで利確できます。
この時ラインは関係ありません。

つまり、1ポジが14400円なので9/11の寄り付きが14420円以上だと自動的に寄り成りで利確できるという意味です。

【9/11 トレード結果 仕掛けP 買】
1ポジ:14400①
⇒決済:14510① 利確:+110円

 

③決済:13550円(+2ライン)

②の寄り付きによる利確とセットで考えておきたいのがライン決済です。寄り付きによる利確時にも新規の1ポジ取りを忘れてはいけません。
寄り成りで利確したことにより、1ポジが14400円から14510円に移動したことになります。

次はこの14510円を基準に決済ラインを決定します。最低利幅20円なので14530円以上のラインが決済ラインとなります。

9/11の+2ラインは14550円ですので【有効】ですね?

これがもし+2ラインが14525円だっとしたら、ラインでの決済は見送りとなります。

【9/11 トレード結果 仕掛けP 買】
1ポジ:14510①
⇒決済:14550① 利確:+40円

 

1ポジでの利確は日経ミニ1枚という資金比率なのでさほど収益は上がりません。
しかし、このように毎日の利確という嬉しい忙しさがあります。

寄り付きはどれくらいになるか?その際に寄り成り利確できる値か?を見極め
仮に寄り成り利確できた際に、次の決済ラインはどのラインで有効かどうかを判断する手順となります。

TSSファイルを使ってシュミレーション入力していく事ももちろんできますが、
ルールを理解していれば入力しなくても2手先まで見えてくるようになります。

月間収益:+2,870円(日経225先物ミニベース)

一緒にTSSを使って喜びのシェアをしませんか?