13/8/6 日経225スイングトレード解説 +200円

swingtradebanner

おはようございます。タートルです。

8/6 トレード解説 仕掛けP・T買い目線

8/2による上昇で+2ラインで利確した際の1ポジからになります。①
13/8/2 その② スイングトレード結果

その8/2に+2ラインタッチ後の下落で再び+1.5ラインまで到達していました。
もちろん、同日にポジ追いが有効なラインであれば仕掛けていきます。

ただTSSには残念ながら同日でのポジ追いが表示できません。
そのためTSSメールにてお知らせしています。メールも忘れずチェックしておいてくださいね。

nikkei225-130806

この1.5ライン到達により14310で資金比率2でポジ追い(2ポジ)をしました。②

ココまで
+2ライン⇒+1.5ライン とポジ追いをしました。

となると次は+1ラインとなりますね。

しかし、8/6の+1ラインは14250円。図中では白色の点線の丸印がそうです。

ポジ追いをする際のルールは
最終仕掛け値から100円以上の乖離のラインのみ有効。100円未満の場合は繰り上げる(繰り下げる)」です

つまり、今回で言うと
14310円(最終仕掛け値)より100円下の14210円以下に+1ラインがないと+1ラインは繰り下げということです。

14210円以下が条件となりますので今回の+1ライン14250はダメですね。

繰り下げとなると、1つ下のミドルラインと思われがちですが、ミドルラインは取引をしませんのでこの場合の繰り下げは-1ラインを指します。

結果的に見ればミドルラインで反発しましたのでミドルラインが有効だったんじゃないか?と思われるかもしれません。しかし12年間の検証ではやはり、ミドルでの取引は余計なポジションが増えすぎてしまいます。

ミドルまで到達後は反発し、急伸。一気に+1.5ラインまで到達しました。

2ポジでの決済ルールは少し複雑です。詳しくはメンバーズサイトにて確認してください。
伝授!2ポジ追い時の決済ルール

今回の決済ケースは
■ラインでの決済パターンその②(決済水準の決済)
+2⇒+1.5⇒+1.5決済

このケースの決済水準は14310円に100円足した14410円が決済条件になります。
8/6の+1.5ラインはちょうど14410円だったので有効となります。

ワンタッチで利確できました。

【8/6 トレード結果 仕掛けP・Tともに 買】
1ポジ:14510②
2ポジ:14310④
⇒決済:14410⑥ 利確:+200円

 

このように14510円から仕掛けて14410円で決済しても結果プラス収益で終えられる秘密とは、やはりポジ追いと資金比率です。

的確な位置でポジ追いと決済ができればポジ追いは非常に有効です。これはタートルバンドが教えてくれます。
そして勝つ為のテクニックとして資金比率を変えることで、仕掛け始めた水準よりも低い位置でもプラス決済を可能にします。これはシステムとしてのルールが導いてくれます。

有効なテクニカルチャート、頑丈なシステムルールがあるからこそこのトレードが成り立っているのです。

月間収益:+2,610円(日経225先物ミニベース)