13/4/9 日経225スイングトレード解説 +95円

swingtradebanner2
おはようございます、タートルです。

仕掛けTによる買いの1ポジ決済が続きます。
昨日の夜間のCMEは一段高で、一時13440円の高値を付ける展開。
しかし、東京市場の寄り付きにかけてジリジリと値を下げ、始まってみれば13335円。

この辺りが目先の重値になるんでしょうかね?
どうなんでしょ?もう分かりませんね^^;

4/9 スイングトレード解説

130409

4/8のスイング報告とまったく同じ展開ですね。寄り付いてからは下への動きを見せるも結局反発して引けています。このようなブレイク(バンド外での仕掛けのこと)での1ポジはTSS上では“+3”ラインと呼んでいます。
+3ラインは実際にはラインはありませんのでご注意ください。

1ポジが+3の時、2ポジ以降はどこから仕掛けるのか?+2ラインと思いたくなるでしょうが、正解は+1.5ラインです。
+3→+1.5→+1→-1の順となります。

上昇パターンとして+1.5ラインや+1ラインでの反発は+2ラインを再び目指します。ミドルラインまで戻した時は+1.5ラインを目安に反発します。詳しくは後日しますが、このようにどこで反発するかである程度パターンで読み取れます。

タートルヘキサではそのパターンの上にルールが存在しています。

【4/9トレード結果 仕掛けT 買】
1ポジ:13240①
⇒決済:13335① 利確:+95円

 

月間収益:+4360円(日経225先物ミニベース)