13/3/15~21 日経225スイングトレード解説 +600円

swingtradebanner2
こんにちは、タートルです。

新規のオーナー様も順調に収益を上げる日々が続いております。
このサイトでトレードを振り返るのはとても重要です。サインはTSSが自動的に表示してくれますが、この投資法そのものの信頼性を高める上では欠かせません。
ルールの上にこのシステムが成り立っていることを実感していただく意味もあります。

では早速振り返ってみましょう。

130321

3/15 トレード解説

新規オーナー様は若干ポジションに相違があるかもしれませんが、いずれ一緒になりますのでご安心ください。
前回の14日決済+1ライン12290が1ポジとなります。

15日の寄り付きは12370。1ポジの決済ルールの1つに20円以上高い位置で寄りつけば寄り成り有効というのがあるので、ここは文句なしで寄り成り利確。

【3/15トレード結果 仕掛けP、Tともに同じ仕掛け】
1ポジ:12290①
⇒決済:12370① +80円×2

 

この利確により、1ポジが12370となります。

3/21 スイングトレード解説

その後2日間は比較的穏やかな値動きでもみ合い。祝日明けの21日の寄り付きで大幅ギャップアップ。

これも上記の通り、20円以上高い寄り付きなので文句なしで利確。
寄り成りで利確後はライン決済に切り替えます。ライン決済も条件は20円以上利食いができることがあります。

寄り成りで仕掛けたポジと決済ラインが仮に15円とか10円しか開きがない場合は、ライン決済は見送ります。
21日の動きは
寄り付き12525で寄り成り利確。
決済ライン+1.5ライン12590で指値利確。という手順になります。

1つの注文が約定すれば、すかさず次の動きを想定して仕掛けを行う
というのが基本の動きとなります。
21日のように寄り成りでのポジションと決済ラインが近い場合は少々忙しくなりますが、慣れれば全く問題ありません。

まずは1ポジでの利確パターンをしっかり頭に叩き込みましょう。

【3/21トレード結果 仕掛けP、Tともに同じ仕掛け】
1ポジ:12370①
⇒決済:12525① +155円×2
1ポジ:12525①
⇒決済:12590① +65円×2

 

月間収益:+2760円(日経225先物ミニベース)