13/12/25~26 日経225スイングトレード解説 +350円

swingtradebanner
クリスマスも過ぎると、一気に慌しくなりますね。
大掃除やらなにやら。今日が何曜日かも分からなくなってきます。
明日は金曜日ですよ!ということは取引日は明日と週明けの大納会のみ!ということです。

相場の方はというと、年末らしからぬ強い上昇をみせております。
16000円をあっという間に突破し、グイグイ高値を切り上げる展開。
年内に16000円台は死守したい意気込みですね。

12/25 トレード解説 仕掛けT買い仕掛け

nikkei225-12-26-3
①の1ポジは前回の決済に取った1ポジです。ブレイクでも1ポジは取ります。
しかしこれまで仕掛けP・Tともに買いの倍建てでしたが、24日の決済と同時に仕掛けPの買い仕掛けはクローズしました。
これにより、仕掛けTの買い仕掛けのみとなります。

ブレイクつまり+3での1ポジは+2ラインと同じ意味を持ちます。
次のポジ追いは+1.5ラインとなります。
+3だから次は+2?ということではありません。+2も+3も同様と捉えます。

ポジ追いが有効となるのは次のポジ追いラインと最終仕掛け値(1ポジの15990)の差が100円以上離れていなければいけません。

25日の+1.5ラインは15880で差が110円ですのでこの日の+1.5ラインはポジ追い有効ラインとなります。
ポジ追い有効ラインである+1.5ラインを割って寄り付くと、【寄り成り】でポジションを持ちます。

寄り付きは15850円で+1.5ラインを割っているので寄り成りで2ポジを仕掛けます。

2ポジの決済ルールは2ポジから100円以上のラインとなります。
つまり15950円以上にラインがあるかどうかを見ます。

2ポジを仕掛けたのは+1.5ラインなので、その上の+2ラインは15970円。
条件の15950円以上を満たしていますので決済有効です。
この日の内に反発し、+2ラインに到達。2ポジを利確という流れになります。

【12/25 トレード結果】
1ポジ:15990①
2ポジ:15850②
⇒決済:15970③ 利確:+220円

 

12/26 トレード解説 仕掛けT買い仕掛け

nikkei225-12-26-4

26日の寄り付きは16000円越え。寄り付きは16100円。
1ポジでの決済は、1ポジ仕掛け値よりも20円以上高く寄り付けばラインに関係なく寄り成りで利確できます。

その際ももちろん1ポジは取ります。

【12/26 トレード結果】
1ポジ:15970①
⇒決済:16100① 利確:+130円

 

nikkei225-12-26-2

寄り成りで利確後はラインでの決済にすぐに移ります。
ラインでの決済も最低値幅は20円です。1ポジの仕掛け値から次の決済ラインの間が20円以上開いていれば有効です。

26日の+2ラインは15140円。1ポジの仕掛け値は15100円ですからその差40円なので決済有効です。+2ラインで利確。

+2ラインで利確した際ももちろん1ポジは取ります。
例え当日中に利確ポイントがなくても次の日に備えて取ります。

期間収益:+4580円(日経225先物ミニベース)