13/10/17 日経225スイングトレード解説 +70円

swingtradebanner

こんにちは、タートルです。

アメリカのデフォルト回避は織り込み済みだったんでしょうか。
たいした伸びはなかったですね。

とはいえ高値を切り上げているのも事実です。
高値を切り上げているということは1ポジでの利確が続くということになります。

10/17 トレード解説 仕掛けP・T買い目線

NIKKEI225-131017

前回の1ポジは+2ラインの14610円。

1ポジでの決済ルールをまず思い出しましょう。

寄り付きとラインの2つに分けて考えます。
いずれも最低値幅は20円でしたね。

まず寄り付きが20円以上であれば寄り成りで利確できます。これはラインが関係ありません。

ラインで決済待ちをする場合は20円以上にあるラインで逆指値で待ちます。
これはもちろんライン値に合わせます。

今回は寄り付きで20円を上回ったので前者の方ですね。

1ポジが14610円だったので14630円以上の寄り付きであれば寄り成り決済有効です。
17日の寄り付きは14645ですのでオーケーですね。

【10/17 トレード結果】
1ポジ:14610②
⇒決済:14645② 利確:+70円

 

寄り付き後は下落しました。
前回に+2ラインに到達しているので上昇パターンが今後見られると思います。

17日は寄り付き後の下落で+1.5ラインではサポートが入らず、その下の+1ラインまで下げました。
しかし、+1ラインではしっかりとサポートが入っています。

+2ラインから+1ラインの間のゾーンをBゾーンと呼びますが、上昇パターンにおける最もオーソドックスなケースがBゾーンでの中での上昇と言えます。
明日以降はどこでサポートが入るか、どの上昇パターンに入るか、それによりどこのラインを反発後目指すのかを自分なりにシナリオを立てることが大切です。

→メンバーズサイト「+2ラインタッチ後の上昇パターン」参照

ぜひチャレンジしてみてください。

月間収益:+875円(日経225先物ミニベース)