12/22~29 日経225トレード結果+570円

2015年、新年を迎えて早1週間が過ぎました。
気が付けば12月の後半のスイングトレード解説をするのを忘れてたじゃあーりませんかっ!
ということで解説ブログはまだ年を越せてません^^;

まずは12月の22日から29日のトレードを振り返ってみたいと思います。

12/22 日経225mini トレード解説

12/22 寄り成り決済 +160円

日経225トレード12/22
1ポジの決済ルールは
 ・20円以上の寄付きで成り行き
・20円以上のラインで場中待ち 

この2つになります。寄り成りで利確できるかどうかを確認した後、ライン決済に切り替えるという流れになります。ライン決済は場中待ちになりますが、こちらも最小値幅は20円となります。
最終仕掛け値と決済ラインが20円未満の場合はそのラインでの決済は見送るということになります。

19日の時点での最終仕掛け値は1ポジ17600円なので週明け22日の寄付きが17620円以上であれば寄り成り利確できるということになります。
22日の寄付きは17680円だったので問題なく、寄り成り利確します。

12/22 日経225ミニ トレード結果
1ポジ:17600②
➡決済:17680② 利確+160円

12/24 日経225mini トレード解説

12/24 寄り成り決済 +320円

日経225トレード12/24
続いてクリスマスイヴの24日。この日も寄付きが高く、バンドブレイクの17840円で始まりました。
20円以上の寄付きは寄り成りで利確可能です。

12/24 日経225ミニ トレード結果
1ポジ:17680②
➡決済:17840② 利確+320円

この日まで仕掛けのシグナルは仕掛けP、仕掛けTともに買いで買いの倍建てとなっていました。
しかし、2015年1月の3monthbandの位置関係から仕掛けPのシグナルが売り転換の様相があったので24日の決済をもって
仕掛けPの買いはクローズしました。

これより12月中は仕掛けTのみの買いの片建てトレードとなります。

12/26 日経225mini トレード解説

12/26 ライン決済 +70円

日経225トレード12/26

25日の取引では、寄付き、ライン決済ともにありませんでした。
翌26日の寄付きは17780円だったので寄り成りはありませんでしたが、この日の+1.5ラインが1910円だったので利確有効です。

12/26 日経225ミニ トレード結果
1ポジ:17840①
➡決済:17910① 利確+70円

12/29 日経225mini トレード解説

12/29 ライン決済 +20円

日経225トレード12/29

29日の寄付きは17930円。1ポジの最小利幅の20円で利確可能です。

12/29 日経225ミニ トレード結果
1ポジ:17910①
➡決済:17930① 利確+20円

12月度月間収益

+7,360円(日経225ミニ取引)

・数値ベースの収益
・約定値の誤差や手数料を含むと若干手取りは少なくなります