日経225mini「亀コツ」トレード バージョンアップ

亀コツトレードとは、1日に何十万円!何百万円!稼いだ投資法!といった類ではなく、損切りをしっかり行いながら年間を通じて安定して資産を増やすことが目的です。
ですので本業をお持ちのサラリーマンの方の副業や現役を退き年金では心細いので自分で資産投資したい、ストレスなく着実に増やしていきたいという方にはピッタリの投資法です。

その日経225miniを使った勝率80%以上で「亀の様にコツコツ稼ぐ」システムである【亀コツ】がバージョンアップしました!
これまでの亀コツは2つのトレードを組み合わせた手法になっておりましたが、今回のバージョンアップで新たに2つのトレードを加え、年間を通してより積極的に且つ安定的に稼ぐシステムへとグレードアップしました。

まずはそれぞれのトレードの特徴と過去10年以上の成績を見ていきたいと思います。

亀コツ45


亀コツ45のトレードの特徴
亀コツ45は2種類の移動平均線を使ってより早い段階でのトレンドをキャッチし、初期微動(50円未満)を狙ったトレード。
非常に高勝率で2000年から現在までの検証で勝率90%を叩き出す確実に稼ぐスタイル。
45円の利幅を狙ったトレードスタイルなので非常に短期間で決済できる。決済するのは45円の利確となるか、損切りに掛かるかだがどちらも未達のままシグナルが変わった際は寄り成りで決済する場合がある。
亀コツ45のデメリット
まず出現数が少ない。大きなトレンドが発生している際には最初の利食いのみであとは指をくわえて眺めている状態となる。逆に捉えると、ゆったりとトレードできるため忙しい方には最適と言える。
ネガティブな部分は大きく設定している損切りに掛かると非常に大きなダメージを食らう。確実に稼げると思って大きく資金を突っ込んだ際に損切りにかかると精神的ダメージが計り知れない。(検証期間で損切りに掛かったのは1度)

亀コツ45の過去16年間のバックテスト


(画像は日経225mini1枚で取引した場合の結果)
期間:2000年2月~2017年6月
収益:+8135円
勝敗:買い仕掛け155勝19敗 勝率89%
売り仕掛け144勝7敗 勝率95%
トータル 299勝26敗 勝率92%
最大マイナス:700円
連勝と連敗:44連勝 2連敗
最大ドローダウン:700円
PF:2.45

亀コツ300


亀コツ300のトレードの特徴
亀コツ300は利幅300円(厳密にいうと295円)という大きな利益を狙ったスイングトレード。亀コツ45よりも厳しめの判断となっており、大きなトレンドの波に乗ることが重要となる。
上手く連勝すると一気に収益が伸びる。勝率も70%以上をキープしており高勝率。
亀コツ300のデメリット
こちらも45と同様に出現数が少ない。逆に言えばゆったりトレード。
ネガティブな特徴はトレンドが発生しないトレンドレスの場合が続く際に往復ビンタで損切りの連発になることもある。
そこで亀コツ300では連敗対策が施されている。前回トレードがマイナスだった場合は連敗対策としてエントリーにフィルタをかけ、仕掛け枚数も増やすことで滑らかな右肩上がりの収益曲線となる。
連敗対策をしても連敗することもあるのでそういうときは精神的ダメージが大きい。

亀コツ300の過去16年間のバックテスト


(画像の連敗対策アリは通常日経225mini1枚、連敗対策でmini2枚で取引した場合の結果)

期間:2000年2月~2017年6月
収益:+8135円
勝敗:144勝51敗 勝率74%
最大マイナス:760円
連勝と連敗:13連勝 3連敗
最大ドローダウン:1455円
PF:1.93

亀コツ-デイトレ-


亀コツ-デイトレ-のトレードの特徴
今回のバージョンアップで新たに加わった仕掛けが「亀コツデイトレ」です。
亀コツ45や300とは低い勝率ながら損失を限定させることで最終的に右肩上がりの収益を目指す仕掛けです。
デイトレという名の通り、仕掛けた玉はナイト引けに成行決済して持越しはしません。(日中引けも可)
利確設定はなく、損切り設定と引け成り決済のみでシンプル。ある条件をクリアした日に上下どちらかに動いた方に仕掛けます。
このデイトレの強みは日中に一方的な動きになる日です。寄り天や寄り底の展開は大きな収益を残す可能性が高くなります。
亀コツ-デイトレ-のデメリット
やはり勝率の低さ。45や300の90%や70%といった高勝率ではなく50%やや上回る程度なので2回に1回勝てれば良い感じです。
2.3連敗もザラにあり、最大で9連敗も発生しており根気よくエントリーできるかが重要。目先にこだわらず長期的な運用を心掛ける必要があります。
フィルタのかけ方次第でサインの出現率も変わり収益の伸びも大幅に変わってきます。トレードスタンスによって変化させることができます。

亀コツデイトレの過去16年間のバックテスト


(画像の日経225mini1枚で取引した場合の結果)

期間:2000年2月~2017年6月
収益:+19020円
勝敗:512勝406敗 勝率55.8%
最大マイナス:130円
連勝と連敗:7連勝 9連敗
最大ドローダウン:825円
PF:1.65

亀コツ-ゴバトレ-


亀コツ-ゴバトレ-のトレードの特徴
ゴバトレというのは後場にトレードするということです笑
現在の日経先物には前場後場は分かれていませんが、このトレードでは分けて考えます。
つまり、前場は8:45~11:00、後場は12:30~15:15とします。
このゴバトレでは前場の結果を受けて後場にトレードするかどうか決定します。後場12:30以降に仕掛け値に掛かればエントリーです。掛からない場合はトレードナシとなります。
亀コツ4トレードの中で最も仕掛けが出るシステムで本業が忙しい方は少々大変かもしれません。
(慣れれば全然大丈夫です)
決済はデイトレとは異なり、日中引け成りです。利確設定はナシで損切り設定はあります。
亀コツ-ゴバトレ-のデメリット
勝率は51%前後で取引回数で収益を伸ばすスタイル。しっかりと損切りできるかどうかが重要です。
前場(11:00)終了した時点で前場の高値と安値を把握しておく必要があります。エントリーは12:30以降なのでその時間にパソコンなりスマホから発注できる環境が必要です。
過去検証では7連敗というケースもありますのでデイトレ同様、根気よくトレードを続ける必要があります。

亀コツ-ゴバトレ-の過去16年間のバックテスト

(画像の日経225mini1枚で取引した場合の結果)

期間:2000年2月~2017年6月
収益:+14,695円
勝敗:604勝568敗 勝率51.5%
最大マイナス:150円
連勝と連敗:10連勝 7連敗
最大ドローダウン:1035円
PF:1.45