日経225に特化したチャート「タートルバンド」とは?

日経225に特化したチャート

6-13
日経225先物ミニで高勝率で勝ち続けるためには既存のメジャーなテクニカルチャートでは無理でした。

いや、あるのかも知れません。

ただこのサイトではそうしたメジャーなテクニカルチャートでの勝ち方ではなく、日経225に特化したオリジナルチャート「タートルバンド」での勝ち方をお伝えしていきたいと思っています。

世界でただ一つのチャート

manu2

タートルバンドとは、開発者タートルが日経225で勝つために独自に開発した世界で唯一のテクニカルチャートです。

一見ボリンジャーバンドに似ていますが、算出方法や使い方は違います。

ですのでここで得た勝ち方をボリンジャーバンドで行なっても有効とは言い切れないのでご遠慮ください。

日経225の値動きをパターンで捉えるチャート

manu41
タートルバンドの一番の特徴と言えば「日経225の動きをパターンで捉える事ができる」ということです。

タートルバンドのパターンでの動きの一つに左図のようなパターンがあります。

この値動きのパターンは一番上の赤線(+2ライン)にタッチ後、緑線(ミドルライン)まで下げ、反発した場合の値動きパターンです。
この場合は、赤の点線(+1.5ライン)に向かうことが10年以上の統計で分かっています。

では、実際にあった日経225先物取引の値動きの一部を見てみましょう。

パターン1  パターン2
パターン3  パターン4
パターン5 パターン6
一部のパターンですが、チャート内の動きを同じような動きをしているように見えませんか。
タートルは独自チャート「タートルバンド」を過去10年以上の日経225の値動きを研究し何十ものパターンを見つけました。
タートルバンドというフィルタを通して日経225先物取引の相場を見てみると、生き物と例えられる値動きをパターンで捉える事ができます。