初心者のための日経225先物入門書

当サイトのTSSや亀コツで取引している日経225ミニと呼ばれるものってそもそも何なの?というこれから投資を始められる初心者の方のためにできるだけ端的に難しいことは言わずイメージで理解できるように説明していきます。
イメージとしてざっくり理解できれば詳しいサイトはいくらでもあるのでそちらを読んでいただければと思います。

そもそも日経225先物って何?

日経225先物の「日経225」とはよくニュースで「本日の日経平均は・・・」てのを耳にすると思いますが、その日経平均のことです。
225とは日本経済を引っ張る225銘柄の平均株価ということになります。

日経225先物の「先物」ってこの先(未来)の価値が上がるか下がるかを予想して取引することです。

つまり、日経225先物ってのは日経平均が今の株価よりもこの先、【上がるか】【下がるか】を予測して取引するものになります。

トヨタとかソフトバンクだとかは個別銘柄という株ですが、日経225先物は日経225先物という1つの銘柄と考えてみても良いと思います。
つまり、株と同じで安い時に買って、高い時に売ればその分が儲けということになります。

日経225先物の特徴

日経225先物は前述した通り、日経平均株価なので実際に会社があるわけではないです。
よって倒産のリスクがないというのはメリットです。
日経平均株価がゼロ円に近づくなんて日は日本経済が破たんしているわけですから、そのようなことはありません。
銘柄選びをする必要もなく、ただただ日経平均が上がるか下がるかを予想するだけに集中すれば良いのです。

日経225先物は証拠金取引

日経225先物は証拠金取引です。証券会社に自分の口座を開設し、証拠金を入金すれば取引できるようになります。
通常の株式は株価に応じて価格が変動しますが、証拠金の変動はそうじゃなく株価の変動具合で変更されます。

日経225先物の単位は【】です。ピンと来ないかと思いますが、すぐに慣れます。
例えば日経225先物の買いを1枚注文するのに必要な証拠金は約50~80万円です。(時期によって変動します)
※ラージ1枚

つまり口座に50~80万円入金すれば1枚注文することができます。

日経225先物にはラージとミニの2つがあります

日経225先物にはラージミニの2つがあり、ラージは前述した1枚あたりの証拠金50~80万円です。
これに対しミニはラージの1/10となりミニ1枚あたり証拠金は5~8万円ということになります。

 ラージ1枚 = ミニ10枚  

TSSや亀コツで取引を行っているのはすべて日経225ミニの方です。

買いと売り

日経225先物には買い仕掛けと売り仕掛けがあります。
この先の225株価が上がると予測すれば、買い仕掛けをし、上昇すればプラス下落すればマイナスとなります。
逆に下がると予測して売り仕掛けをすれば、下落でプラス、上昇でマイナスとなります。

つまり日経225先物では下げ相場でも利益を取ることが可能になります。

10円動いた時の損益

次に日経225株価が10円変動した時に生じる損益を見ていきます。

例えば現在の225株価が20000円だったとします。

・ラージ買い1枚を持った時

20000→20010 10円の上昇・・・1万円のプラス
20000→19990 10円の下落・・・1万円のマイナス

ということになります。逆に売り1枚を持った時はこれが逆になり、

20000→20010 10円の上昇・・・1万円のマイナス
20000→19990 10円の下落・・・1万円のプラス

となります。

ミニの方はラージの1/10となりますので損益も1/10となります。

・ミニ買い1枚を持った時

20000→20010 10円の上昇・・・1000円のプラス
20000→19990 10円の下落・・・1000円のマイナス

では次は売り3枚を持った時はどうなるかというと

20000→20010 10円の上昇・・・3000円のマイナス
20000→19990 10円の下落・・・3000円のプラス

となります。

日経225先物の取引時間

・取引時間
日中:8:45~15:15 ※
ナイト:16:30~翌5:30

※15:10で注文受付は締め切られます
土日祝除く平日

・呼び名
寄付き・・・8:45や16:30の始値のこと
引け・・・15:15や5:30の終値のこと
前場・・・寄り付き~11:00までの取引時間※
後場・・・12:30~日中引けまでの取引時間※

※日経225先物には前場後場の区切りはありません

限月とメジャーSQ

日経225先物取引には限月というもの、つまり期間の区切りがあります。
限月は3,6,9,12月の年4回の区切り(メジャーSQ)があります。(ミニは毎月)

例えば3月限の買いポジションを持ちずっと放置したとすると6月の第2金曜日の寄付きで成り行きで強制決済されます
3月限のポジションは6月の第2金曜日以降は持てないのです。この区切りをSQと呼びます。
もちろん、SQ(第2金曜日)までにポジションを決済し、6月限で持ち直すと9月の第2金曜日まで持つことができます。

まとめ

ここまでザックリと説明してきました。上記のことは日経225先物取引をするうえで必要最低限の知識ですのでしっかり覚えておきましょう。
それでは最後におさらいをしておきます。

■まとめ■
・日経225先物とは日経平均の未来の株価を予測する取引
・上昇を予測すれば【買い】下落を予測すれば【売り】
・ラージとミニがあり、ミニはラージの1/10
・証拠金取引であり、ラージは1枚あたり50~80万円 ミニは1枚5~8万円
・10円変動での損益はラージ1万円、ミニは1000円
・取引時間は平日の8:45~15:15(日中)と16:30~翌5:30(ナイト)の2部構成
・3.6.9.12月に限月の区切りがあり、長期保有はできない