【TSS×XM】国内225先物と海外CFDの特徴比較

XMでは国内証券会社が扱う「日経225先物」や「日経225先物ミニ」といった日経平均を対象とした金融商品の売買取引をすることが可能です。
その最大の特徴は圧倒的なレバレッジの効いたトレードで国内では考えられない証拠金の低さで取引をすることが可能になります。

今すぐXM口座の無料開設をする

今なら口座開設するだけで3000円もらえます
ページの読み込みに時間がかかる場合がございます

多くの海外ブローカーでは日経225(海外ではCFDと呼ぶ)を取り入れております。
その中でも総合的に見てXMが群を抜けて信頼できるブローカーとなりますので当方ではXMのみ推奨対象としておススメしております。

この記事では具体的に国内証券会社の日経225先物とXMのCFD(JP225)の特徴とその違いや比較を行ってより理解を深めていただければと思います。

それぞれの特徴

まずXMの日経225は2種類あり、国内225先物のような限月で区切られる「先物」と限月で区切られない「現物」の2種類があります。
ではそれぞれの特徴を見ていきましょう。

1
画像をクリックすると大きな画像になります

国内証券会社の日経225先物

一番左が国内証券会社の日経225先物(mini)です。現在の証拠金は8万円~9万円で推移しています。値動きの落ち着いた時であれば5万や6万円まで落ちることはありますが、現在のような荒い相場では時に10万円を超える証拠金になるケースもあり、ここが難点です。
取引毎に手数料がかかりますが、価格は売り買いともに1つの価格ですのでわかりやすいです。
先物取引なので限月ごとに区切りがあり、限月をまたいで取引を継続する場合はロールオーバーの作業が必要となります。

XM 日経225現物(JP225Cash)

次にXMの日経225です。まずは現物からです。目を見張るのは圧倒的な証拠金の安さです。現在mini1枚相当に値する100lotに必要な証拠金は約9600円というほぼ国内の1/10の低さです。これがXMを選ぶ最大のメリットです。

XMの日経225は売りと買いの価格がそれぞれ違います。この価格差は原則一定で12円の差があります。これをスプレッドと言います。
MT4で表示される価格は売り価格の方ですから、例えば売り価格が10000円の時、買い価格は10012円で推移しているということになります。
fxをやったことのある方はお分かりいただけますが、手数料がゼロ円なのはこのスプレッドがいわば手数料にあたるからです。
そして現物の最大の特徴は限月がないということです。煩わしいロールオーバーを考えなくてすみますが、その代わりスワップ金利の費用が掛かります。
ポジションを保有し続ける限り、ジリジリと堪える損失でこれもまた厄介です。

XM 日経225先物(JP225-)

最後にXMの日経225先物の方です。
先物も現物同様に圧倒的な証拠金の低さが最大のメリットです。
日経225現物と同じように売りと買いのスプレッドがあり、先物は現物よりも倍広い24円です。先物はこれが厄介ですね。
手数料はスプレッドがあるのでゼロ円です。またメジャーSQのみで限月による区切りがありますのでロールオーバーの作業が必要です
ただし、現物のようなスワップ(保有し続けるリスク)の心配はいりません

2

さらに詳しい比較は上図をご覧ください。
証拠金は圧倒的な安さでXMに軍配がありますが、スプレッドによる費用等で最終的にかかる費用は国内の証券会社の方が安いと言えます。
手数料が安いことはつまり利益率が高いと言えますので重要なポイントではあります。

ただし、この手数料の高さを埋めるものにXMポイントの存在があります。これはトレードごとにポイントが溜まっていくものでこの累計ポイントを証拠金に当てたり、現金化することができます。
ポイントを証拠金に当て、トレードで現金を増やしていくという方が良いでしょう。
もちろん国内証券会社にはこのようなポイントはありません。

これらを踏まえて3つから自分に合った商品を探すといいでしょう。
本音を言うと、現物でスワップがなくてスプレッドが狭い、というのが良いんですけどね笑

XMの日経225現物と先物のトレードに関する比較

3

XMで日経225をトレードするにはこの売りと買いの価格差、スプレッドを理解する必要があります。
上図では、現在の価格が10000円の時返済やポジ追い、新規1ポジの仕掛ける値を記載してみました。

現物はスプレッド12円、先物は24円で計算しています。約定コストは任意で設定ですが、3円としておきます。

買い仕掛けの時

買いの返済は売り価格がベースとなります。売りもそうですが、返済の時は逆の価格になります。
買いのポジ追い(新規指値)は買い価格がベースとなりますのでスプレッドを考慮に入れた10012円が指値価格になります。先物の場合は10024円です。
買いの新規1ポジ(新規逆指値)も買価格がベースとなりますが、返済を先に約定させたいので買いの新規1ポジはこれよりさらに5円足した値の10015円(先物10027)になります。

売り仕掛けの時

売りの返済は買い価格がベースとなります。ということはスプレッドを考慮に入れた10012円が返済価格。先物は10024円
売りのポジ追い(新規指値)は売り価格がベースとなりますのでそのまま10000円で。先物も同様。
売りの新規1ポジ(新規逆指値)は売り価格がベースとなり、約定コスト-3円した9997円で発注することになります。

TSSでの新たな機能

このような頭で理解しててもいざ発注する時に混乱してしまいそうですね。そこでTSSでは新たにスプレッドを考慮に入れた「発注価格」という項目を追加し、その表示された値を入力するだけでいけるように仕様を変更しまいた。

4

今回TSSでは国内証券会社、XMでの日経225現物、日経225先物の3つの取引種別に対応した仕様にしています。
画像では日経225現物が選ばれております。黄色のセルが任意で設定できる箇所となり、スタート枚数の設定の下に限月価格差、スプレッド、約定コストを予め入力しておくことで画像右の黄色で囲んだ部分に発注価格が表示されます。

国内証券会社で取引される方はスプレッド、約定コストをゼロにすると今まで通りお使いいただけます。